5/17「道明寺天満宮手づくりの市」開催、見送ります

 

 

 

5月には状況が好転していることを願って、

市の開催に向けて出展振替や出展募集を行い、

選考作業も終えていましたが、

 

現状を踏まえ、検討を重ねた結果、

5/17「道明寺天満宮手づくりの市」の開催を

見送ることを決定いたしました。

 

ものづくりで生計を立ててらっしゃる方、

直接使い手へ届けたい。と

真摯に手を動かしている方を支え、

励ます場所を今こそつくりたい。

という思いは募るばかりで、

可能性が少しでもあるなら、

判断をギリギリまで待ちたいという思いもありましたが、

 

感染拡大が続き、予断を許さない緊迫した状況の今、

危機的状況を迎える前に、

想像力をめいっぱい働かせて、

「開催をしない」(人を動かさない)という決断が必要だと

私たちなりに考え抜いた結果です。

 

 

申し込みしてくださった方、

振替出展を希望してくださった方、

開催を楽しみにしてくださっていた方には

ほんとうに申し訳なく思います。

 

 

それぞれ立場によって意見も認識も違いますし、

線引きがとても曖昧なため、

混乱が起こってしまっている現状にも、

みなさん心苦しい思いをされていることと思います。

 

 

どうか批判しあったり、傷つけ合ったりすることではなく、

建設的な未来を築いていけるよう、

知恵を出し合いましょう。

 

会いたかった人たちの顔を思い浮かべながら、

今だからできることをチャンスと捉え、

 

大切なひとを守るためにも、

後悔しないためにも、

希望を持ち、行動を選択していきたいです。

 

 

「長いマラソン」

息切れしないよう、心を休めながら、

支え合えることを願って。

 

申し込み受付終了いたしました

 

 

 

 

昨日はつむぎの保育所修了式でした。

 

先生が泣いていらっしゃったのを見たことがあるくらい、

親として申し訳なくなるくらいの、

個性ゆたかで手強い子どもたちの集団。

(つむぎも立派なその一員)

 

そんな子どもたち1人ひとりに、

一生懸命寄り添ってくれた姿をずっと見てきたから、

予定通り行われた子どもたちの歌や言葉の1つひとつに涙溢れる。

 

ほんと、どの子もかわいくって、愛らしくて。

 

 

涙をハンカチで拭こうと思ったら、

メガネが飛んでいってしまい、

ぎゃーーーっ!!と我に返る。

 

子どもたちに笑われ、

親みんなで「誕生日(熊木杏里)」の歌を歌いながら、

また泣き合って、

 

この日の陽射しのようにあたたかで、

忘れられない1日となりました。

 

 

 

長い人生でひと時、交差するひとたち。

もう会うことのない先生だって、

ひょっとしたらいるかもしれないけれど、

その時一瞬、深く交わった月日の積み重ねは、

かけがえのない時間となる。

 

 

「一斉に植えたチューリップの球根が

 花ひらくタイミングがそれぞれ違うように、

 子どもたちの成長も同じ。

 

 気長に、いつか咲くことを信じて

 見守ってやってくださいね。」

 

 

 

 

 

 

 

先行きの見えない状況の中、

3/25(水)をもちまして、

5/17(日)開催の道明寺天満宮手づくりの市

出展申し込みの受付を終了させていただきました。

 

初めての方も多く、

また随分久しぶりの方も。

 

市を通じて出会った方を数えると

一体何人になるのでしょう?

 

想像もつかないし、

お互い顔も覚えていない人もいるかもしれないけれど、

確かにその時いっしょに居たということ。

 

ひと時でも交差することができた方々へ、

見守り合える人たちへ、

いただいたご縁に深く感謝し、最善を尽くしたいと思います。

 

 

 

 

 

 

20.5.17「道明寺天満宮手づくりの市」出展申し込みの受付

 

 

 

 

 

「道明寺天満宮手づくりの市」

5/17(日)開催に向けて、

3/18(水)より出展申し込みの受付をはじめます!

 

 

5月の市開催についても、

コロナウィルスの感染状況や情勢を見て、

適宜判断することになるかと思いますが、

開催に向けて、心あらたに。

 

 

この市だからできることって何だろう。

この市の良さってどこにあるんだろう。

 

私はどうしたいのかな。

みなさんはどんなことを期待されているんだろう。

 

 

いろいろ思い巡らせる春。

そんな思いを受け止め合える、

ささやかな場になれるといいな。と

思っています。

 

 

 

今回の申し込みに際して、

お尋ねした質問。

 

どうぞ改めて見つめる機会に。

みなさんのご回答、たのしみにお待ちしています!

 

 

 

 

 

(↑ 随分前のフライヤー発見!)

 

 

ーーー

 

道明寺天満宮手づくりの市

2020.5/17(日)開催

10:00〜2:00

 

ーーー


 

大阪府藤井寺市道明寺1−16−4

近鉄南大阪線「道明寺駅」より徒歩3分


 

道明寺天満宮手づくりの市 HP

http://www.tedukurinoichi.com

 

 

 

主催 / 38_WORKS.

https://38-works.com

 

 

instagram

@miyai_works

 

 

開催中止を判断して、、

 

「感染して発症する」こと自体も、

もちろん心配だけど、

 

無症状で知らず知らずのうちに

感染を拡大させてしまう可能性があるということが

何よりも不安で、今回は開催を断念しました。

 

市でこれまで大切にしてきた「濃厚接触」が

大きなリスクとなってしまっては、どうすることも出来ません。

 

出展を予定してくださっていた方々や、

開催を楽しみにしてくださっていた方々からも

お気遣いいただいたり、理解を示していただけて、とても有り難く思います。

 

 

今回出展予定だった方々には、

次回5/17の開催、もしくはそれ以降の開催に

振り替えていただくことといたします。

 

5/17開催の出展申し込みにつきましては、

予定通り3/18(水)〜25(水)の期間で行いますが、

振替の方を優先とさせていただきますので、

通常より選考枠が少なくなりますこと、

あらかじめご理解、ご了承の程、よろしくお願いいたします。

 

 

 

 

 

「道明寺天満宮手づくりの市」

オンラインショップとして展開、開催してみてはどうか?という

提案もいただき、ここ数日考えてました。

 

 

出展者さんの

ささやかな一助になれるかもしれない。と思う一方、

ただ、これまで「対面」に重きを置いて開催してきた

この市の根幹が揺らいでしまうのでは、、という思いも

現時点では拭えず、、

 

とはいえ最初から「出来ない」と

決めつけてしまうと、もったいないので、

「どんな形だったらいいかな?」と考えてみる。

 

 

あんなこと。こんなこと。

出来たら、楽しいかもしれない。と

いろいろ想像してみたり、

身近なひとに意見を聞いてみたりしています。

(大反対されたり、それいいね!と言ってもらえたり、実にさまざま。面白いですね。意見募集しますよー!)

 

 

実際そういう動きもあるようですし、

この市で実現させるかどうかはさておき、

妄想する中で、いろんな方と知恵を寄せ合って、

新たな可能性やお楽しみが見出せたりできるといいな。と

思っています。

 

ほんとうに大切にしたいことを

改めて見つめ直しよい機会をいただけた。と捉え、

前向きに。前向きに。

 

 

 

 

 

---

 

3/15の開催に向けて、

ブログに掲載していた「出展者のみなさまご紹介」は

開催断念のため、一旦終了とさせていただきます。

 

ご紹介させてもらった方、まだの方、、

楽しみに読んでくださっている方がもしいらっしゃったら、

中途半端になってしまって大変申し訳ないのですが、

5/17の開催に向け尽力したいと思いますので、

何卒ご理解ご容赦ください。

 

---

 

 

不安な日々が

少しでも早く穏やかな日々へと

変わりますように。

 

 

 

 

 

主催 / 38_WORKS.

https://38-works.com

 

 

instagram

@miyai_works

 

 

3/15「道明寺天満宮手づくりの市」中止のお知らせ

 

 

 

 

 

新型コロナウィルスの感染が拡大している状況を受けまして、

今回、やむなく開催を中止といたしますこと、お知らせいたします。

 

道明寺天満宮さんとも協議する上で、

何とか開催できる方向を見出せたら、と願いつつ、

状況を注視し、3月に入って最終的な判断を出したいと考えておりました。

 

お知らせが今になりましたこと、

製作や準備を進めてくださっていた出展者のみなさま、

開催を楽しみにしてくださっていたみなさまには、

大変ご迷惑をお掛けし、申し訳なく思いますが、

何卒ご理解、ご容赦いただけますと幸いです。

 

-

 

5月は17日(日)に開催を予定しておりますが、

その時々の状況に応じて判断したいと思います。

 

出展申し込みにつきましては、

3/18(水)〜25(水)の期間で受付する予定ですが、

詳細は決まり次第、随時お知らせ、ご案内致します。

 

 

-

 

 

 

店舗を持たず、

イベント出店で生計を立ててらっしゃる方もおられるかと思いますし、

学校休業に伴い、困難に陥る方もいらっしゃるかもしれません。

 

市として、個人として、何かできることはないか、

模索しているところで、情けないことにまだ具体的な方法は見い出せてはいませんが、

何かお力になれそうなことがありましたら、どうぞご連絡くださいませ。

 

何らかのアナウンスをお手伝いすることや、

小屋をお貸しすること、行き場のないお子さんを見守ることなど、

何かできることがあれば、したいです。

 

 

 

困難な状況がしばらく続くかと思いますが、

こんな時だからこそ知恵を寄せ合い、

新たな可能性を見出し、乗り越えられたら、と願うばかりです。

 

 

 

 

しっかり食べて、よく寝て、笑って。

どうかみなさま、身体も心も穏やかにすこやかにお過ごしください。

また晴れやかに境内でお会いできますように。

 

 

 

「道明寺天満宮手づくりの市」宮井貴弘  宮井美咲

Home coffee roaster/ウォールズアンドブリッジ

 

 

【3/15道明寺天満宮手づくりの市 出展者のみなさまご紹介】


 

 

 

 

=

ウォールズ アンド ブリッジ

/ 大阪

 

大阪・南船場にある

衣料品や手仕事のものなど、

店主が惚れ込んだ"良品”を扱うお店

「ウォールズ アンド ブリッジ」さん。

 

今回もお店を飛び出して、

出展しに来てくださることとなりました。

 

 

 

天然素材を使った

"良質な日用品”や

 

 

日本の"良質な手仕事品”を

今回もご紹介。

 

 

また、「ウォールズ アンド ブリッジ」さん

別注品となるオリジナルハンガーや、

 

 

高松で採掘された

庵治石(あじいし)を使ってつくった

ブックエンド、ならぬ

「ロックエンド」なるものが登場。

 

自然物である石を

中央で分割して製作しているため、

1つひとつカタチや色合い、佇まいが異なるという

「ロックエンド」

 

 

自然物の造形に目がない私は、

見て思わず「わぁ!」と興奮してしまいました。

 

 

 

-

 

 

前回12月の市では、

たくさんのお客さまを前に、

納得の行く接客対応が出来ず、心残りだった。

ということを踏まえ、

 

今回は、その部分を少しでも補ってくれるように、と

ブースで商品をお買い上げ下さったお客さまに

帰った後にも、“人の営みにより生まれた一品”を

じんわりと感じてもらえるような、

印刷物を構想中なんだとか。

 

 

つくったものをつくる人が伝える言葉も正直だけど、

つくられたものに惚れ込んだ人が伝える言葉も

客観性に富んで、つくり手自身が気づいていない魅力も

伝えてくれる。

 

 

3月の市も、

「ウォールズ アンド ブリッジ」さんの

誠実なセレクトをどうぞお楽しみに!

 

 

 

ウォールズ アンド ブリッジ

▪実店舗▪
大阪市中央区南船場3-2-6 
大阪農林会館ビル 211

<定休日> 毎木+第3水
<営業時間> 12〜20時/日祝のみ〜19時
<online shop>

http://walls.handcrafted.jp/

<インスタグラム>

https://www.instagram.com/walls_osaka/

 

 

 

 

=

Home coffee roaster

/ 三重

=

 

 

「大切な場所、大切な時間、大切な人」

 

 

家族で暮らす三重県津市白山町で

自家焙煎コーヒー豆とスコーンのお店

「Home coffee roaster」を営む構司さんご家族。

 

 

それぞれの原産国の生豆が持つ特徴を表現するために

"完煎"と"深煎り"のふたつの焙煎具合で

仕上げているというコーヒー豆と、

 

 


季節の素材を練り込み、

大切につくり続けているスコーン
 

 

「家族で暮らし、家族の成長を感じる。」

そんなありふれた日常を慈しむように、

つくり、届けるもの。

 

 

 

 

 

=

Home coffee roaster

=

HP:homecoffeeroaster.jp 

SNS:https://www.instagram.com/homecoffeeroaster/

 

 

 

その「Home coffee roaster」さんのお店へ

先日初めてお邪魔してきました。

 

道明寺からは車で2時間くらいでしょうか。

山道が長くつづき、「ホンマにあるんかいな、、!?」と

不安になった頃、ふと現れた住宅地。

 

その端っこに佇む真っ白な建物

「あっ!あれやー!」

 

 

自宅の一室でのお店を経て、

2018年、現在の場所へ移転したというお店は、

 

 

ゆたかな自然が残る里山を背景にありました。

 

 

お店の扉を開けると、

正面にコーヒーをドリップする店主/構司さん。

 

静謐な空間に少し緊張しながらも、

迎えてくれた笑顔に

ふっと心が緩むのを感じます。

 

 

お店の外の広い庭で、

四つ葉のクローバーをじっと探すように、

 

 

ぽたぽた。。

ささーっと

 

リズムを変えながら落ちていくコーヒーの様子を

じっと見つめていたつむぎ。

 

 

最近コーヒーが飲めるようになったはるとが

得意気に注文し、

カッコつけて飲む姿に、

思わず吹き出しそうになったり。

 

 

「コーヒーは子どもはあかん!」

そう言われながら、香りに惹かれ、

焦がれていた幼い頃の自分の姿を思い出したり。

 

 

 

エネルギー溢れる子どもたちを

大らかにどっしり受け止めてくれる

この場所で、

 

 

 

 

全力で走ったり、スコーンを分け合ったり。

 

 

 

 

 

オリジナルブレンドや白山ブレンド

グァテマラ、エチオピアなどなど。。

 

 

たくさん並んだコーヒー豆から

自宅用に。と選んだのは、

"チョコレートのような風味"だという

「なかにわのブレンド」

 

 

コーヒーを淹れる様子をじっくり見つめていたつむぎが、

「お兄さんはこうやってたで」と

家で真似してドリップしてくれました。

 

その姿がたまらなく

かわいくて。いとおしくて。。

 

 

Home coffee roasterのお2人が伝えたいことは、

こういうことなのかな。。と感じられたことが

何よりもうれしくて。

 


 

 

 

 

 

 

不安な日々が

少しでも早く穏やかな日々へと

変わりますように。

 

 

ーーー

 

道明寺天満宮手づくりの市

2020.3.15(日)開催

10:00〜2:00

 

ーーー


 

大阪府藤井寺市道明寺1−16−4

近鉄南大阪線「道明寺駅」より徒歩3分


 

道明寺天満宮手づくりの市 HP

http://www.tedukurinoichi.com

 

 

 

【新型コロナウィルスに伴う開催の有無について】
今後の状況推移を現在注視している状況であり、
適宜検討し、判断したいと思っております。

開催につきましてはHPにてご案内いたしますので、

ご確認いただけますと幸いです。 

 

 

 

 

ーーー

 

 

 

 

 

主催 / 38_WORKS.

https://38-works.com

 

 

instagram

@miyai_works

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20.2.23 TEDUKURI NO ごはん会 / 開催について

 

 

 

先日「38_Field.」にて、

3/15開催「道明寺天満宮手づくりの市」の出展者さんをお招きした

 

 

「TEDUKURI NO ごはん会」を

ひらきました。

 

 

屋根の塗装もこの日までに何とか完了!

真っ白になった小屋の窓から見える

 

 

大きな梅の木も満開で、

 

 

小屋の入り口に咲く、

ピンク色の梅の枝を少し拝借して、

 

 

テーブルにしつらえました。

 

 

ごはん会には、

約半数の出展者さんとお子さんたち、

市スタッフさんを合わせて、

 

 

約40名が大集合。

 

 

いつもお1人ずつ自己紹介していただきながら、

 

 

寄せてもらった質問を引いて、

それぞれ答えてもらったりもしますが、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

思いがけない質問もあったり。

 

 

どんな言葉も

 

 

包み込む空気感を

 

 

大切にしているつもりですが、

 

 

作品のことには一切触れず、

大好きな石のことしか話してくれない出展者さんもいて、

 

 

いつも

 

 

とびきり

 

 

愉快です。

 

 

 

この日のお昼ごはんは、

 

 

出展者「おと。」さんの

 

 

お弁当を。

 

 

おやつは、

「ハナ菓子店」さんの

 

 

塩を添えたチョコテリーヌと

フロランタンを。

 

 

濃厚なケーキにはやっぱりコーヒーは欲しくて、、

 

人数が多いにも関わらず、

快くコーヒーを淹れてくださった

 

 

「アオキコーヒー」さん。

 

 

 

市と同じように、

たくさんの方の力をお借りして、

あっという間に4時間過ぎて行きました。

 

 

元々、人となりが少しでも知りたくて、

狭い我が家に個別に招いていた出展者さん。

 

小屋が出来てからは、

出展者さんが集う今のごはん会の形式に。

 

(絵・はると)

 

自分たちが楽しくしゃべるのも

もちろんうれしいですが、

 

出展者さん同士やスタッフさんたちが、

楽しそうにしている姿を見ることが、

今は何よりもうれしいです。

 

 

大切にしたいことやうれしいことは、

いつだって、こんなささやかなこと。

 

お越し下さったみなさまには感謝!です。

ありがとうございました!

 

 

---

 

 

 

お忘れものでーす!どなたのですか??

 

 

---

 

 

 

【新型コロナウィルスに伴う開催の有無について】
今後の状況推移を現在注視している状況であり、
適宜検討し、判断したいと思っております。

開催につきましてはHPにてご案内いたしますので、

ご確認いただけますと幸いです。 

 

 

 

 

 

 

 

不安な日々が

少しでも早く穏やかな日々へと

変わりますように。

 

 

ーーー

 

道明寺天満宮手づくりの市

2020.3.15(日)開催

10:00〜2:00

 

ーーー


 

大阪府藤井寺市道明寺1−16−4

近鉄南大阪線「道明寺駅」より徒歩3分


 

道明寺天満宮手づくりの市 HP

http://www.tedukurinoichi.com

 

 

 

ーーー

 

 

 

 

 

主催 / 38_WORKS.

https://38-works.com

 

 

instagram

@miyai_works

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

はるとの進路が決まりました!

 

 

 

(羽曳野市通法寺 / 昨年春に撮影)

 

 

3月の市に向けて準備を進める中、

今春、中学生になるはると(長男)の進路が

ようやく決まりました。

 

 

 

長野県の自然豊かな山村へ。

 

 

計り知れないエネルギーと、

感性を持つ彼。

 

そのエネルギーが

良い方へ作用することもあれば、そうでないことも

学年が上がるに連れて増えるようになり、

学校やカウンセラーさんと連携しながら、

粘り強く成長をサポートしてきました。

 

いろんな方のサポートを得ながら、やっとこさ。

親だけでは到底支えきれない彼の、

中学校進学を前に不安が募る一方、、

 

この子にとって、最善の環境は何だろう。

 

 

必死に模索する中で、知ったのが

「山村留学制度」の存在でした。

 

 

 

寮と農家でのホームステイ生活を半々で送り、

地元の学校に通うという制度。

 

親元から離れる。ということで、

はるとは唐突な私の提案にとても戸惑い、

乗り気ではなかったように思います。

 

それでも、私たちにとっては、

「さみしい」という一時の感情よりも、

はるとが歩んでいくこれからの長い人生に目を向け、

最善を選択したい。との思いだけ。

 

そこから何度も話を重ね、

私たちも覚悟を決め、

ようやく、はるとも少し前向きに、

夏の短期体験に参加したところ、、

 

 

「楽しかったー!」という本人に対し、

学園側から、

「エネルギーある特性は十分伝わったものの、

 協調性やその他の言動等を踏まえると、

 現状では受け入れは難しいです、、」

との通達。

 

 

ガーーーーーーン!!!!

 

 

 

思わず、泡を吹いて、

倒れそうになりました。

 

 

 

この環境と、はるとに、

無限の可能性を感じつつも、

さて、どうしたものやら、、

 

本人も今ひとつ決断しかねていて、

想像できる苦労を回避し、ラクな道を選ぼうとしている。

 

そんなはるとの姿に苛立ちながら、

根気強く話し合いの毎日。

 

 

わかってるんだか、、わかっていないのか、、

 

親としてどう向き合うべきなのか、

どう選択するべきなのか、

 

葛藤が募り、しんどい毎日でした。

 

(こんな時はつむぎが癒しの存在。春巻き巻いてくれてます。)

 

手応えのないまま、苦しい気持ちで迎えた

最終の親子面談の日。

 

学力試験はなく、

意欲や適性を計る作文や面接があり、

 

はるとがどんなことを書き、

受け答えしているのか、

 

祈るような気持ちで全てを終えた結果、

 

 

 

無事、

はるとを受け入れてもらえることになりました。

 

 

 

「ほらっ、俺は最初から自信あったけどな」の言葉に

「なんじゃそりゃ〜」と、膝から崩れ落ちそうになりつつも、

 

その逞しい姿に心の底から安堵。

 

 

たかさんは一貫して

「はるとなら大丈夫。心配はいらない」と

その何の根拠もなく言い放つ姿に、

苛立ちさえ覚えていた私。

 

 

結局、私だけが、

はるとのことを信じ切ってやれてなかったんだな、、と

情けない気持ちでいっぱいにもなりました。

 

 

 

 

この数ヶ月、

はるとと家族と

「これから生きていくこと」を

精一杯話し合って、

 

いっぱい泣かせて、泣いて、

絶望したり、

 

「はるとのお母さんなんて、辞めてやるー!」と

発狂した夜をいくつも超えてきたから、

 

 

今はさみしさを感じるより、

無事に進路が決まってうれしい気持ちいっぱいで、

 

転出や入園の手続き、必要な大量の日用品など、

バタバタと準備を進めているところ。

 

 

「大自然マスターになってくるわ!」←そんな称号があるのか!?

 

と、前向きに意欲を示してくれている姿が

何よりうれしく、逞しく。

 

 

 

子どもと向き合う。ということとは、

これからも何度だって、

体中の毛穴から血が吹き出るような思いをしながら、

歓びにあふれ、続いていくんだろう。

 

 

 

(地元の小中一貫校に進学。学校へは片道3km歩いて、バスで登校。)

 

はるとがこれから、

新しい暮らしを紡いでいくこの地を

私も何度も行き来しながら、

深く深く学び、

 

そして、逞しくなりたい。

 

(在校生が近道ですよ。と教えてくれた道はもはや獣道!自然の中で危険を回避し、身を守る術の獲得も学習のひとつ。なんだとか。ガンバレー!)

 

自分の足で立ち、生きていくということ。

誰かと生きていくということ。

 

 

 

 

---

 

 

 

折に触れてお伝えしてきたように、

「道明寺天満宮手づくりの市」は、

はるとが生まれ、その子育てに息詰まったことから

誕生しました。

 

 

ものづくりや生活と向き合い、

悩みながら、楽しみながら、

自分たちの生き方を無我夢中で切り開いている

愉快な大人たちがいるということ。

 

私たちと社会。

たくさんの方々がつながり合う場所であってほしい。と

願いを込めて、

 

子育てとともに、

大切に育んできました。

 

 

市を通じて、はるとの成長を

あたたかく見守ってきてくださった方々のお陰で、

今春、はるとは1つの大きな節目を

迎えることとなります。

 

 

支えてくださったみなさまには、

感謝の気持ちでいっぱいです。

 

 

 

 

 

 

 

はるとや市を育てているつもりが、

逆に育てられている。と感じることばかり。

 

子どもたちの成長に負けないよう、

どっしりと根っこを張って、市を育んでいきたいと思いますので、これからもどうぞ見守っていてくださいね。

 

 

以上、謹んでご報告でした!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いい時も、

そうでない時も、

 

ささやかな空間が

あなたを力強く支えてくれますように。

 

 

ーーー

 

道明寺天満宮手づくりの市

2020.3.15(日)開催

10:00〜2:00

 

ーーー


 

大阪府藤井寺市道明寺1−16−4

近鉄南大阪線「道明寺駅」より徒歩3分


 

道明寺天満宮手づくりの市 HP

http://www.tedukurinoichi.com

 

 

 

ーーー

 

 

 

 

 

主催 / 38_WORKS.

https://38-works.com

 

 

instagram

@miyai_works

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DECO+ / 十十十十十十

 

 

3/15道明寺天満宮手づくりの市 出展者のみなさまご紹介】

 

 

 

 


=

DECO+

/ 岡山

 

 

「あわただしい普段の生活の隙間から生まれる

 自分たちらしいモノヅクリ」として、

 

 

アクセサリーや鉄ものを製作している

DECO+(デコプラス)岡野夫妻。

 

 

頭で考えることより、

手を動かして出来るものを。

 

同じものをいくつもつくるのは苦手、、と

以前おっしゃっていたDECO+さん。

 

原石の存在感をそのままに仕立てたものや、

アクリルのパーツを付けたもの、

真鍮を使ったものもあれば、

砂のように細やかなビーズを繋ぎ合わせたものもあり、

アイアンで製作したものも。

 

 

 

素材と素材の間を行き来しながら、

DECO+のお2人がスキなもの。つくりたいもの。

 

大袈裟な言葉にわざわざしなくても、

つくり出すものが雄弁に語る

唯一無二の世界。

 

 

=

DECO+

web site
https://deco-jeu.com/

インスタグラム:
https://www.instagram.com/deco_plus/

 

 

 

 

=

十十十十十十

/ 兵庫

=

 

 

漢方茶ブレンダーの資格を生かした

オリジナルブレンドの漢方茶や、

精麻や錫と藤、原石など、素材の特性に合わせた

装身具の製作、ワークショップなど、

 

「自然の力をかりて軽やかに健やかに」

をコンセプトに、多彩な活動を繰り広げる

十十十十十十(サササ)ご夫妻。

 

 

 

漢方茶に用いる生薬や野草などを

栽培したり、採取できるような、

自然ゆたかな場所へゆくゆくは移転したい。と

以前にお話しされていた十十十十十十(サササ)ご夫妻。

 

大阪阿倍野から兵庫県宍粟市に拠点を移されたのが

昨年の秋のことでした。

 

 

 

あんなこと、こんなこと。

挑戦したいことや、やりたいことがたくさん。

というサササさん。

 

移住して特に不足を感じた。というのは、

決して「便利さ」ではなく、

むしろ「生きるために必要な知恵」なんだとか。

 

作物の作り方や調理・加工の方法。

山の管理や木の切り方や加工の方法。

鶏の育て方やイノシシや鹿の捌き方などなど、、

 

都会から移り住んだ者にとっては、

わからないことだらけなことを日常でやってのける、

おじいちゃんやおばあちゃんに嫉妬しつつも、(←笑)

学び、生きる地力を付けていくのが2020年の目標なんだそう。

 

 

 

人とのご縁や山々に囲まれた美しい土地の中で、

可能性を力強く見出し、ゆたかに紡いで行かれるであろう、

サササさんのこれからの活動。

 

楽しみがわくわく。。

膨らみますね。

 

 

自然に一層寄り添いながら、

より本質的なものづくりや活動へと、

軽やかに。健やかに。

 

 

 

=

十十十十十十

=

HP https://sasasa.storeinfo.jp/

instagram https://www.instagram.com/sasasa.syouten/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ーーー

 

道明寺天満宮手づくりの市

2020.3.15(日)開催

10:00〜2:00

 

ーーー


 

大阪府藤井寺市道明寺1−16−4

近鉄南大阪線「道明寺駅」より徒歩3分


 

道明寺天満宮手づくりの市 HP

http://www.tedukurinoichi.com

 

 

 

ーーー

 

 

 

 

 

主催 / 38_WORKS.

https://38-works.com

 

 

instagram

@miyai_works

 

skep  / skep design laboratory / accessories ORSA

 

 

 

【3/15道明寺天満宮手づくりの市 出展者のみなさまご紹介】

 

 

skep  / skep design laboratory

/ 大阪

=

 

 

大人が普段着として使える服やカバンを製作している

大阪の小さなブランド「skep」

 

大阪市西成にある

カフェスペースも併設した

実店舗「skep design laboratory」では、

skepさんの世界観が心ゆくまで味わえ、

 

“装うこと”を愛してやまない人にとっては、

ワクワクして、たまらない空間です。

 

 

 

 

考え抜かれたパターンや素材選び、色、

1つ1つの要素を丁寧に積み上げ、

完成していくskepのアイテム。

 

 

つくりたいものをがむしゃらにつくる。

タイトなスケジュール、ものづくりの中でも、

決して手を抜くことなく、

 

新しい素材の発掘や挑戦、

ディスプレイの方法など、常に最良を目指し、

「いつ来ても楽しんでもいただけるskep」を2020年も。
 

 

 

 

シンプルだけれど、その奥行きは底知れず。

さて、どんなふうに装おうか。。ワクワク。。

 

そんな匙加減が絶妙なskepさんの

「穏やかなモード感のあるスタイル」

 

画面からでは伝わり切らない、

質感やシルエット、さりげないこだわりを

実際に触れて、体感して、

ぜひ味わってみてほしいです。

 

 

skep  / skep design laboratory

=

instagram https://www.instagram.com/skep_labo/

BASE skep-online shop  http://skep.theshop.jp/
FACEBOOK https://www.facebook.com/skep.labo/

 

 

 

 

=

初登場

accessories ORSA

/ 沖縄

=

 

 

沖縄県の離島、宮古島から

さらに離れた伊良部島で

アトリエを構え、制作を行っている

「accessories ORSA(アクセサリーズ オルサ)」さん。

 

 

 

 

今4歳になる息子さんが1歳になる頃、

はじめたという装身具の制作は、

 

真鍮やシルバー、鉱物を使ってつくるほか、

宮古島の素材となる

宮古牛の角を使った耳飾りや、

宮古上布に使われている繊維である

苧麻を取り入れるなど、

 

風土の香りもほのかに。

まるで自然物の結晶のように、

1点1点異なる表情。佇まい。

 

 

 

「情報からの先入観なしに

 目と目を合わせて話したり、

 その人が持つエネルギーに触れたい」と

 

そんな思いをもって、

今回、育った地・大阪での

私たちの市にはるばる出展しに来て下さることとなりました。

 

「伊良部島は小さい島ですが、器が大きい島。

 この土地の緩やかさのおかげで、

 せっかちな私も楽しく暮らしています」

 

と、ORSAさん。

すごくキュートな女性なんですよ。

 

 

ひと足早い、

軽やかな沖縄の春風とともに

お会いできることを、どうぞお楽しみに!

 

 

 

 

遠い国の知らない人たち。
世界中の民が身につけるもの。
おしゃれであり、財産であり、
お守りであり、願いであり。

旅に出よう。
始まりのようなアクセサリー〈orsa〉

 

 

 

 

 

=

accessories ORSA

=

IG  https://www.instagram.com/accessories_orsa_/

online shop  https://www.creema.jp/creator/2490759

 

 

 

 

 

 

 

 

ーーー

 

道明寺天満宮手づくりの市

2020.3.15(日)開催

10:00〜2:00

 

ーーー


 

大阪府藤井寺市道明寺1−16−4

近鉄南大阪線「道明寺駅」より徒歩3分


 

道明寺天満宮手づくりの市 HP

http://www.tedukurinoichi.com

 

 

 

ーーー

 

 

instagram

@miyai_works