熱・暑・厚

Img_3868 息子が発熱。 数日前から「危ないな・・」と予感していたら、やはり。 明日の川遊びのお誘いは、残念ながらキャンセルに。 抱っこすると熱くて、湯たんぽを抱いているようだ。 真夏の湯たんぽ。 寝顔を見ながら、 早く元気になりますように。と ひたすらに願う。 出展をお願いした方にそのことをチラリとお話すると、 「夏風邪はしんどいですよね。 大きな血管のあるところを冷やすのは、皆さんご存知とは思います。 その一方で手の平、足の裏、顔などを ホットタオルで拭いて差し上げても 気持ち良いし、血管が広がるのと、表皮の蒸散で、体の熱を逃がしやすくなります。 もしよければお試しください。」 というアドバイスをいただく。 保育園でも風邪で休む子が多く、 きっとそういうお子さんも多いのでは!? いいアドバイスは共有すべし。 みなさまもぜひお試しあれ。 それにしても、温かいひと。 市の開催とともに、 息子の成長も見守ってもらっている。 私たちがあの場所で、 精一杯、出来ることについて、 いつもおもう。 出展申し込みしてくださったみなさまへ 出展についてのご返信をお送り致しました。 見落としのないようにしたつもりですが、 もし、届いておられない方がいましたら、 お手数ですが、ご連絡お願い致します。 出展をお願い出来ない方の方が、 圧倒的に多くて、 うーん・・と今回も心が詰まる作業でしたが、 いつも、私たちの市を見つめ直すいい機会を頂くことが出来ます。 ものづくりとは。と改めて考える機会となります。 出展をお願い出来なかったみなさまにも、 お客さまとして、空間をつくり上げるお力を貸していただけたら。と願っています。 9/30が素敵な1日となりますよう、 これから少しずつ、準備を進めてきますよー。