ブログ、引っ越ししてきました!

 

てづくりくん.png

 

スマホ閲覧時の広告表示がどうしても気になって、、

ブログ、こちらに引越しました!

 

過去10年分(2010〜)の記事データも無事移行。

 

久しぶりに読む過去の文章は、

語尾やら表現やら、今とは文章の書き方も少し違うので、

正直言って、恥ずかしくて、違和感もあるけれど、

それもかけがえのない私の歴史。

 

移行したデータは、

行間が詰まってしまったり、

文字化けが一部あるようで、

見苦しい部分もあるようですが、、

 

これからはこちらで

綴っていこうと思いますので、

どうぞよろしくお願いいたします。

 

-

 

写真と言葉と。

インスタグラムとはまた異なるリズムでの表現を

楽しみ、楽しんでいただけるように。

 

また新しい発信方法や形態が誕生した時は、

そのつど、最適なものを選んでいこうと思います。

 

「不易流行」

まどわされず、かろやかに。

 

237A0020.JPG

 

さてさて、3/15の開催に向けて準備中の

「道明寺天満宮手づくりの市」

 

HPのTOP写真、変えました。

 

237A0013.JPG

 

保育所でつむぎが編んできたマフラー。

 

ペットボトルをつかって、

リリアン編みの要領で編んでいくのが、

面白いかったみたいで、

家族みんなの分を編んでくれました。

 

237A0019.JPG

 

「クマも冬支度」だそうです。

 

7W9A8218.JPG

 

先日の節分の日。

つむぎ6歳になりましたよ。

 

繋がれていく生命に

今年も感謝です。

市ロゴ.jpg

 

ただいま、フライヤー製作中。

来週には、出展者のみなさまを発表いたします!

 

お楽しみにー!

 

ーーー

 

道明寺天満宮手づくりの市

2020.3.15(日)開催

10:00〜2:00

 

ーーー


 

大阪府藤井寺市道明寺1−16−4

近鉄南大阪線「道明寺駅」より徒歩3分


 

道明寺天満宮手づくりの市 HP

http://www.tedukurinoichi.com

〈家族撮影〉1歳のお誕生日

237A9781-1.jpg
「下の子の写真が少なくって〜」っと、
237A9688-1.jpg
1歳のお誕生日記念に、
237A9690-1.jpg
撮影しに来てくださったご家族。
237A9710-1.jpg
お兄ちゃん力作の
一反もめん(ゲゲゲの鬼太郎)や、
237A1473.JPG
237A9746-1.jpg
coccoyaさんの一升パンともいっしょに、
楽しく撮影させていただきました。
---
1歳のお誕生日を
美味しくたのしくお祝いする
---
237A9820-1.jpg
子どもたちだけでなく、
ご夫婦の"今"の姿も
せっかくの機会にどうぞ1枚。
237A9653-1.jpg
子どもたちが大きく成長した頃、
見返すと、
きっといろんな感情が生まれてくるような気がします。
237A9792-1.jpg
あっという間に過ぎていく
"今"を積み重ねた後の、
237A9798-1.jpg
いつかの日々へ。
---
237A1468.JPG
【PHOTO STUDIO 38_Field.】
大阪府羽曳野市通法寺
山の中にある古い資材倉庫を
自分たちで改装してつくったスタジオです。
60本以上の植物を植え、育む
小さな森のスタジオとご家族と
季節の風景とともに、
「手触りのある、いとおしい写真」を撮っています。
◯完全予約制◯
ただいま、2、3月の撮影ご予約承っています。
卒園卒業、入園入学、はじまりの季節を
ぜひ撮っておきませんか?
38_WORKS.
PHOTO STUDIO 38_Field.
----------------------------------------------


icon_053450_256.jpg



【スマートフォンで閲覧の方へ】


いつもブログをお読みくださり、
ありがとうございます。

スマホ版表示の場合、広告が表示されますので、
広告が非表示になる、【PC版での閲覧】をお奨めいたします。

3/15「道明寺天満宮手づくりの市」

237A9891.JPG
3/15開催の「道明寺天満宮手づくりの市」へ
出展申し込みしてくださった全てのみなさまへ
出展についてのご連絡をさせていただきました。
もし、届いておられない方がいましたら、
ご連絡いただけますよう、お願いいたします。
-
今年5月で「道明寺天満宮手づくりの市」は、
開催12年目を迎えます。
出展を継続してくださる方の層は
ありがたいことに厚みを増し、
その中でも新しい出会いにも恵まれて、
選考は回を重ねるごとに、
うれしさと心苦しさを増しているように感じます。
開催を始めた当初は「THE ハンドメイド」という作品が多い中で、
キラリと光る方が数人。という感じでしたが、
作家として活動する方の人数やイベントの数も圧倒的に増え、
作品や発信の質も年々飛躍しているように感じます。
(その分、似たようなものが増えていることも感じ、差別化がより一層難しくなっている部分もありますね。)
同じようなものをつくっているのに、
生まれる差はどこから来るのだろう。
問いを立て、考えを深めていくことは、
自分たちの活動にも還元されていくような気がします。
良いものをつくる。だけではなく、
写真、ことば、活動フィールド
一つ一つの要素に心を配りながら、
丁寧に発信できる方がいる一方、
そこまで気持ちが回らない方や、
つくることは得意でも、
伝えることが苦手、、という方も
多くおられると思います。
私だって、伝えることは好きだけど、
決して得意ではないし、
自分らしい方法を延々と模索中だけど、
市を通じて私たちが何かお役に立てるのであれば、
うれしい。
いろんな方が交差しながら、
気づきを得て、ゆたかに高め合えたら。と
ずっと願っています。
-
選考させていただけること自体、
ほんとうに有り難いことであり、
改めて感謝の気持ちでいっぱいです。
心苦しい思いをさせてしまう方々には、
気持ちの良い空間をつくり続けることで
お返ししていきたいと改めて思います。
携わってくださるすべての方に心から感謝し、
3/15の開催に向けて、準備を進めていきたいと思います。
どうぞ楽しみにしていてくださいね。

3/15 「道明寺天満宮手づくりの市」出展申し込み受付

51045162_246594972959751_1821431292754287594_n.jpg
1/19(日)をもちまして、
3/15 (日)開催の「道明寺天満宮手づくりの市」
出展申し込み受付を終了させていただきました。
ここのところ、
土日はオフライン生活とさせてもらっていることもあり、
お返事がすっかり遅くなりましたが、
先ほどようやく全てのメールに
「申し込み受付ました!」返信を終えました。
もし、届いておられない方がいましたら、
申し込みが完了していない可能性があります。
お手数ですが、メールを再送いただきますよう、
よろしくお願いいたします。
申し込みの受付期間は、
市と向き合う貴重な期間となります。
こんなにたくさんの方が、
この市へアクセスしてくださる。
それは奇跡のようなことだと
いつも思っています。
市も撮影活動も服の製作もデザインも、
私たち夫婦の大切なライフワークであり、
私たち家族の日々の根幹を為すものです。
自分たちが行くことが出来なくても、
まっさらな帆を張って、
誰かが来てくれる場所をつくろうか。
誰かに言われてはじめた「市」ではなく、
自分たちがつくりたいと望んでつくり上げた市は、
ほんとうにたくさんの方々が行き交い、育まれ、
ここまで深く根を下ろすことができたと
有り難い気持ちでいっぱいです。
全ての方のお気持ちに寄り添ったり、
答えたりしたい。
なんて傲慢なことは思わずに、
素直に、誠実に、
つくり手の方と向き合いたいです。
-----------------------------------------------


icon_053450_256.jpg



【スマートフォンで閲覧の方へ】


いつもブログをお読みくださり、
ありがとうございます。

スマホ版表示の場合、広告が表示されますので、
広告が非表示になる、【PC版での閲覧】をお奨めいたします。

小屋【38_Field.】 カラーチェンジ

IMG_8141.JPG
お正月休み、小屋「38_Field.」の外壁を
ペンキ塗りしました。(写真はペンキを塗る前)
IMG_8166.JPG
水仙の花と
小さく膨らんだ梅の蕾。
IMG_8167.JPG
小さな森は、
着々と春の準備を進めている真っ最中。
IMG_8183.JPG
手の届かない高いところは、
たかさんに。
IMG_8170.JPG
IMG_6234.JPG
IMG_8182.JPG
手の届くところは私が、
それぞれ分担してペンキ塗りを進めていき、
IMG_8179.JPG
その間、子どもたちには、
剪定した枝の処理も兼ねて
小屋裏にあるピザ窯でピザと焼き芋を焼いてもらうことに。
IMG_8160.JPG
1枚300円の市販のピザも
とびきり美味しく焼けて、
IMG_8158.JPG
たらふく食べました。あぁ、しあわせ。。
IMG_8144.JPG
ペンキ塗りは2日がかりで何とか完了。
あとは屋根、、(これが大変!)
IMG_8145.JPG
中だけでなく、外も真っ白になった小屋。
夕方、西日を受ける小屋はキラキラと。
IMG_20200109_163440.jpg
(改装する前、資材倉庫だった頃の小屋)
自然の色の中で、より一層映えるようになった気がして、
頑張って塗ってよかったなー。と
筋肉痛の身体でうれしく思う。
(真っ白になった小屋の風景はまた撮影してご紹介しますね)
今年も撮影はもちろん、
たのしいことが色々できたらいいなぁ。と思ってます。
その小屋で大切にしている、たのしいことの1つ。
道明寺天満宮手づくりの市 出展者さんをお招きしてひらいている
「TEDUKURI NO ごはん会」(自由参加)
3/15の市に出展してくださる方々をお招きして、
ひらく予定です。
出展だけでなく、
ごはん会も楽しみにしてくださる出展者さんが
たくさんいてくださって、とてもうれしいなぁ。
昨年の「ごはん会」の様子
出展申し込みは1/19(日)までの受付となりますので、
どしどしご応募お待ちしておりま〜す!
ーーー
道明寺天満宮手づくりの市
2020.3.15(日)開催
10:00〜2:00

ーーー


大阪府藤井寺市道明寺1−16−4
近鉄南大阪線「道明寺駅」より徒歩3分



道明寺天満宮手づくりの市 HP
-----------------------------------------------
icon_053450_256.jpg



【スマートフォンで閲覧の方へ】


いつもブログをお読みくださり、
ありがとうございます。

スマホ版表示の場合、広告が表示されますので、
広告が非表示になる、PC版での閲覧をお奨めいたします。

出展申し込みの受付をはじめますよー

237A0020.JPG
3月15日(日)開催の「道明寺天満宮手づくりの市」
出展申し込みを本日1月13日(月・祝)から
19日(日)までの期間で受付いたします。
募集 / 40ブース前後
選考にて決定
◯プロ・アマ問わず
◯出展回数も問いません
これから踏み出していきたい方、
ものづくりの密度をより深めていきたい方
愉快な方、自由な方
やさしい方、やさしくなりたいと願う方
などなど、
多様な方の集まりから、
ゆたかな循環を育むことを目指します。
あなたにも私にも
うれしい出会いがありますように。
申し込み方法など詳細は
道明寺天満宮手づくりの市HP内
「出展募集について」ページをご覧くださーい。
↓?↓
237A1857.JPG
「手づくりの市へようこそ」
(前略)
植物の息づかいに静かに耳を澄ますように、
自分の中にある思いを見つめ、「もの」をつくり出す手。
237A3861.JPG
画面の向こうにある世界よりも、
自分の感覚を信じる強さ。
237A3885.JPG
そこに足を運ばなければ触れることのできない、
「もの」や「ひと」の温度が在るように、
237A3901.JPG
変わらない日常の中に、
ゆたかなグラデーションを見出す感性を
237A3760.JPG
年4回。ぐるぐると巡る季節の中で、
ここを訪れるひとたちが、たくさんの温かい眼差しに包まれて
うれしくなるような、勇気をもらえるような、
237A5467.JPG
そんな「生きる」ということに満ち溢れた場所を、
これからも心を込めて紡いでいけますように。
ーーー

道明寺天満宮手づくりの市
2020.3.15(日)開催
10:00〜2:00

ーーー


大阪府藤井寺市道明寺1−16−4
近鉄南大阪線「道明寺駅」より徒歩3分



道明寺天満宮手づくりの市 HP
◯出展についてご不明な点などありましたら、
domyoji.tedukurinoichi@gmail.comまで
お気軽にお尋ねくださいませ

〈 七五三撮影 〉道明寺天満宮 - 大阪府藤井寺市

38_WORKS.PHOTO
今年度からの価格改定に伴い、
HPへの記載も合わせて変更。
basic.jpg
(スタジオ38_Field.での撮影プラン)
分かりやすい記載を心掛けるとともに、
プランのご提案も見直ししました。
237A2938.JPG
七五三の撮影では、
神社への出張撮影のご希望が多く、
3.237A2462-10.jpg
ご希望の方には、
提携している美容室「+38DOOR」さんでの
着付けヘアセット風景から
撮影させて頂いています。
4.237A2473-10.jpg
初めて身につける着物や髪型に
うれしそうだったり、
ちょっと緊張しちゃったり、
そんなお子さんの様子を見守る
お母さんの姿だったり、
6.237A2483-10.jpg
神社へ向かう道中や、
8.237A2496-10.jpg
手水舎での姿。
15.237A2544-10.jpg
着物姿を見て、
おじいちゃん、おばあちゃんが
「かわいいねぇ」って声をかける姿や、
17.237A2564-10.jpg
口紅を塗り直す時の
お茶目な表情。
12.237A2516-10.jpg
ご家族揃っての
35.237A2649-10.jpg
記念写真はもちろん、
21.237A2589-10.jpg
後で写真を見返した時に、
その時交わした会話が聞こえてきそうな、
物語のある写真を。
41.237A2678-10.jpg
ご家族だけのお詣りでは叶えることが難しい、
第三者だからこそ撮れる写真を、
43.237A2688-10.jpg
1枚でも多く撮り、
特別な1日をより深く残して、
喜んでいただけるように、
出張Basic.jpg
出張Special.jpg
〈出張撮影〉では上記2つのプランをご用意しました。
※道明寺天満宮への出張費は無料です
? その他、神社への出張費は別途お見積りいたします。お気軽にお問い合わせください。
37.7W9A7874-10.jpg
「宮井さんに撮ってもらってよかった!」
今年もたくさんそう言ってもらえるように、
頑張ります!
237A5992-10.jpg
HPのフォトギャラリーのページも
スライドショー形式に変えてみましたよ。
ぜひご覧になってみてくださいね!
↓?↓?↓

明けましておめでとうございます!

IMG_8108.JPG
遅ればせながら、
新年明けましておめでとうございます!
年末にデトックス。
体調を崩し、点滴のお世話になったものの、
無事に年内最後の大仕事を終え、
元気よく新年を迎え、
会いたいひとたちに会い、
美味しいものを食べ、
自転車を漕いで漕いで、
IMG_8068.JPG
今日から仕事スタートです。
IMG_8107.JPG
古室山古墳から拝む
毎年恒例の初日の出。
今年は一段と神々しくて、
美しい光に満ちていました。
はるとの進学先がいよいよ決まるのは来月。
さて、どんな1年になるやら!?
どうであっても、最善を選び、尽くして、
めいっぱい働き、遊びたいと思います。
みなさまにとっても、
美しく、希望に満ちた1年となりますように。
IMG_8167.JPG
*******
3月15日(日)開催の「道明寺天満宮手づくりの市」
出展申し込みの受付は、
来週1月13日(月・祝)より〜19日(日)までの期間で行います。
申し込みの詳細は
道明寺天満宮手づくりの市HP内
「出展募集について」ページをご覧ください。

大切なお知らせ

2020年1月以降に撮影ご予約いただく分より、
撮影価格を改定させていただくことを予定しております。

製本台紙の製作価格も、
消費税や資材の価格高騰に伴い、
同時に見直し改定させていただきたく存じます。
237A6977.JPG
たかさんが1冊1冊、
製作している写真台紙。
237A6992.JPG
最初から「つくろう」と思っていたわけではなく、
どうしても良いものが見つからなくて、
237A6986.JPG
ないなら「つくるしかない」と、
自作することに。
237A7002.JPG
市販されている製本クロスもあるけれど、
(布にクロスを張り合わせた(裏打ちした)もの)
せっかくだったら、
私が服の製作で使用している上質なリネンをつかったら
素敵なんじゃない?と
237A7007.JPG
収まりの良い寸法を割り出し、布を裁断。
クロスを貼り、製本台紙に仕立てることで、
237A7023.JPG
38_WORKS.オリジナルのものが出来上がりました。
237A6989.JPG
決して器用とは言えない、たかさんが
237A7013.JPG
お客さまにお渡しするまでに、
237A7025.JPG
資材をいくつも取り寄せ、
237A7033.JPG
何度も試作を繰り返して、
237A7043.JPG
今の形になりました。
7W9A8042.JPG
写真マットは製本台紙に合わせて、
加工してもらっている特注品で、
237A4440.JPG
製本台紙を収める箱は
おしゃべり大好きな箱屋さんにつくってもらっています。
237A0370.JPG
1つ1つ思いを込めた製本台紙を、家族写真を、
これからも喜んでいただけますように。
237A9664.JPG
これからも、大切に手渡していけますように、
気持ちを新たに、今後より一層、技術・人間力の向上に邁進してまいります。
よりみなさまに喜んでいただけるよう、活動してまいりますので、
変わらぬご愛顧のほどよろしくお願いいたします。
===


撮影費・製本台紙(2面貼り)製作 
13.000円(現行)→ 18.000円(2020年〜改定) 
※撮影データの価格は改定せず、現状据え置きさせていただきます
E4BA88E7B484E38395E382A9E383BCE383A0-ab490-thumbnail2.png

※2019年度内にご予約いただきましたら、撮影が2020年以降であっても、
改定前の価格にて納品させていただきます。

撮影をご検討中の方はどうぞお早めにご連絡くださいませ。

東日本大震災 義援金箱 ご報告

image.png
東日本大震災 義援金箱 ご報告
先日12/8の「道明寺天満宮手づくりの市」開催におきまして、
インフォメーションブースにて設置していました
「東日本大震災 義援金箱」へ6.580円お寄せいただきました。
お寄せいただいた金額に出展料の一部を加え、
震災以降、支援を続けている、
福島の子どものための国内唯一の保養施設
◎業務用洗濯用洗剤 3点
◎草刈りチップソー
◎使い捨てポリ手袋 10箱
11.348円分の商品をセレクトし、
配送の手続きを行いましたこと、ご報告いたします。
先日、9月の市でお届けした物品に対しての、
御礼のお手紙をご丁寧に頂戴しました。
お心を寄せてくださった方々のお陰で、
今回も品物を送ることが出来ましたこと
心より感謝申し上げます。
【沖縄・球美(くみ)の里】
認定NPO法人沖縄・球美の里は、
国内で唯一通年利用できる、沖縄県久米島にある
福島の子どものための保養施設です。
子どもたちはここで約10日間、ゆたかな自然の中で思いっきり遊び、
たくさん笑って、島のお母さんの手づくりごはんを食べて過ごします。
●111次保養終了時点(19.12/5) 通算保養人数4662人
認定NPO法人 沖縄・球美(くみ)の里」HP
Facebook
ーーー
◎こんな面白い取り組みがはじまるようですよ〜
「沖縄カカオプロジェクト 」
沖縄であたらしい産業を生み出し、障害者の方の働く機会を増やすこと、
そして、通年で保養を受け入れている「球美の里」の支援を行うため、
沖縄本島北部の名護市で障がい者の働く場をつくり、
農産物を育て加工し沖縄の特産品づくりをしている「ネクストステージ」と
オーガニックの紅茶やコーヒー、スパイスなどの農産物の
フェアトレード事業を行うネパリ・バザーロ」が立ち上げたプロジェクト。
-
以下、「ネパリ・バザーロ」HPより抜粋
Step 1 : Bean to Bar
まずは南インドの村からカカオ豆を輸入して、チョコレートをつくります。
カカオ豆から板チョコへ!

Step 2 : Tree to Bar
更に目指すのは、カカオの木を育てるところからチョコレートづくりまでの一貫事業です。
名護と久米島でカカオの苗を育てています。大事に管理しています。
カカオの苗は直ぐには実がなりません
沖縄産カカオでのチョコレートづくりにはまだまだ時間がかかります。
その間、待っているだけではなく、カカオを取り寄せて製品づくりをすることにしました。
今、仕事を必要としている人のために。支援を必要としている人のために。
また、チェルノブイリ原発事故では30年以上経った現在も保養が続けられている中で、
通年で保養を受け入れている「球美の里」は国内唯一の貴重な施設です。
放射能の影響を大人以上に強く受ける子どもたちにとって保養は欠かせません。
汚染されていない地域で短期間でも生活し、汚染されていない食品をとり、
思いっきり外遊びをすることで免疫機能が改善します。
気にかけてくれる人々や動植物と触れ合うことでストレスから解放され精神も安定します。
しかし、民間の寄付が主な収入源で、
今後、運営が厳しくなることが予想されることから、
カカオプロジェクトの売上の一部を寄付したいと思います。
≪沖縄カカオプロジェクトをサポートしてくださるカカオフレンズ募集!≫
●プロジェクトの目的
・沖縄の新たな産業づくり
・障がい者や一般就労の困難な方々の仕事づくり
・福島原発事故による放射能汚染地域に住む子どもたちの保養支援
●なぜ、カカオフレンズを募集するの?
・チョコレートやカカオ製品の製造量と製造できる期間が限られているため、
予約を中心に販売することで作業する方たちが無理なく安定したペースで仕事ができ、
製品を購入してくださる方には確実にお届けすることができます。

・沖縄にカカオ栽培を拡げ、新たな産業を築き、福島の子どもたちの保養を支える。
・信頼できる仲間と夢を育み、楽しみながら応援できます。
●募集期間
2020年3月末まで( 1,500口に達したら締め切り)
ーーー
沖縄でカカオが育ち、チョコレートがつくられるなんて、
すごくワクワク。。
チョコレート大好きな私もさっそく、
カカオフレンズに名乗り出てみましたよー。
ご興味ある方は、「ネパリ・バザーロ」HPを
ぜひご覧になってみてくださいね。
IMG_2931.JPG
ほとんど案内が出来ていない
市HPをご覧くださったお客さまが、
今回も絵本を寄贈してくださいました。
少しずつ少しずつ集まった古絵本、
次の春の市で、何か、楽しいこと、できるといいな。と思ってます。
スタッフさんといっしょに考えてみますね。
IMG_7623.JPG
自分の子どもだけでなく、すべての子どもたちの生を
血の繋がりだけではなく、もっともっと大きな輪で見守りたい。
見守っていてほしい。という、切実な願いも、
ずっと変わりません。
私たちが市で受け取ったよろこびを集めて、
これからも誰かへと届けていけますように。
ーーー

道明寺天満宮手づくりの市
次回開催/2020.3.15(日)

ーーー
出展申し込みの受付は、
2020年1月13日(月・祝)〜19(日)の期間を予定しております。
申し込みに際しての記載事項などは、
HPにてご案内いたします。

道明寺天満宮手づくりの市 HP