2019.12.8 道明寺天満宮手づくりの市 MAP

2019.12.2マップ.jpg
遅くなりました!当日のMAPとなります。
MAPは、当日インフォメーションブースでも
配布いたしますので、ご希望の方はお立ち寄りくださいませ。
(たくさんご用意しているのですが、、無くなった場合はご容赦ください。)
〈出展者のみなさまへ〉
もし、MAPに間違いや訂正など発見された方は、
ミヤイまでご一報くださいませ。
237A1857.JPG
飲食ブースはなるべく日が当たらない東向きに。
それぞれのテントサイズやディスプレイのご希望も考慮し、
配置を考えていますが、当日、微調整が必要かと思います。
  
急遽、変更が生じる場合もありますこと、
何卒ご容赦ください。
気持ちよく出展していただき、
気持ちよくお客さまに楽しんでいただけますよう、
最善を尽くしたいと思います!
image.png
ーーー

道明寺天満宮手づくりの市
2019.12.8(日)開催
10:00〜2:00

ーーー


大阪府藤井寺市道明寺1−16−4
近鉄南大阪線「道明寺駅」より徒歩3分



道明寺天満宮手づくりの市 HP

2019.12/8の市のこと



237A5522.JPG

【 TEDUKURI NO DRINKSTAND 】

山形・リンゴリラっぱさんのリンゴジュース、
お出ししますよー!
237A5505.JPG
リンゴ → ゴリラ → ラッパ → 〇〇
icon_053450_256.jpg



【スマートフォンで閲覧の方へ】


いつもお読みくださり、ありがとうございます。

スマホ版表示の場合、広告が表示されますので、お手間お掛けしますが、
広告が非表示になる、PC版での閲覧をお奨めいたします。

ヒラメキのタネ

<2019.12.8 出展者のみなさまご紹介>
2-3.jpeg
・・・・・・・・
ヒラメキのタネ
・・・・・・・・
『こどもとおとなのCREATIVE MINDを育むタネまきを。』
をコンセプトに、イベントでのワークショップなどの
活動を行う「ヒラメキのタネ」eriさん。
ひとりひとりの感覚やヒラメキを大切に制作できるよう、
「感じること」
「考えること」
「表現すること」
「伝えること」
に重点を置き、オリジナルのワークを考案。
自分や周りの人の考え方を知ったり、
探究心を育む"タネまき”の仕掛けやアイデアが
いっぱい詰まってます。
その場限りの楽しさで終わるものも多い中で、
ヒラメキのタネさんのワークショップで制作したものは、
つくったあとも家に飾りたくなるような仕上がりになるのが、
うれしいところ。
市では、新しい年に向けて、
「季節を彩るカレンダーづくり」のワークショップを
ひらいてくださいます。
2-5.jpeg
「季節を彩るカレンダーづくり」WS
<内容>
ひと月にひとつ、季節を感じるものごとからイメージを膨らませ、
彩る、描くなどして自分なりのカレンダーをつくります。
今回のワークショップでは、
たくさんの色の紙、クレヨン等画材をご用意しますので、
お好きなひと月分をつくり、残りはお家でゆっくりと仕上げてくださいね。
カレンダーを使った後は、切り離してポストカードとして飾るのもよいですし、
ファイルして作品集にしてもらっても。
身近なものを通して、日常の中で
色遊びや工作に親しんでもらえるようなひとときを作れたら…
という思いで始めたワークです。
身の回りにある色や素材に注目すると、
お菓子や贈答品のパッケージには
キラキラツヤツヤな質感の紙が使われていたり、
新聞や雑誌、フリーペーパーなどにも、
普段使うような折り紙や画用紙ではあまりない色合いのものがあります。
家でも紙だけでなく、
布や毛糸、ボタン、葉っぱなど…
様々なものを観察して、取り入れて、
めいっぱい表現を楽しんでいただけたら嬉しいです。

<参加費>
カレンダー1冊(スタンド付) 1,500円
※おひとり様でも、ご家族皆さんでの参加もOK
<時間>
随時受付(6名様くらいまでなので、お席の関係上お待ちいただく可能性もあります)
ワーク時間は30分程度です。
<対象年齢>
2歳くらいから大人の方まで
(小さなお子さんは保護者の方もご一緒に参加ください)
2-4.jpeg
冬の市ですから、
参加いただくお子さんも、
見守る親御さん、お連れさまも、
温かい格好で(防寒具やひざ掛けなどお持ちいただくのも◎)
どうぞご参加くださいね!
ヒラメキのタネ
19.12.8フライヤーA3.jpg

当日の会場MAP、
明日、掲載します。

少しお待ちを!


ーーー

道明寺天満宮手づくりの市
2019.12.8(日)開催
10:00〜2:00

ーーー


大阪府藤井寺市道明寺1−16−4
近鉄南大阪線「道明寺駅」より徒歩3分



道明寺天満宮手づくりの市 HP

2019.12/8の市のこと



237A5522.JPG

【 TEDUKURI NO DRINKSTAND 】


山形・リンゴリラっぱさんのリンゴジュース、
お出ししますよー!



237A5543.JPG



濃密で豊穣なリンゴ・ワールド、
お楽しみくださいねー!






icon_053450_256.jpg



【スマートフォンで閲覧の方へ】


いつもお読みくださり、ありがとうございます。

スマホ版表示の場合、広告が表示されますので、
広告が非表示になる、PC版での閲覧をお奨めいたします。

焼き菓子多福 / おちゃどころtumugu / 手網自家焙煎o-coffee

unnamed-9.jpg
・・・・・・・・
焼き菓子多福
・・・・・・・・
大阪・平野にあるお店「焼き菓子多福」
unnamed-10.jpg
雑穀や米粉、玄米粉など、
風味豊かな粉の美味しさと素材を掛け合わせて、
多彩に繰り広げるお菓子の数々。
unnamed-8.jpg
前回につづき、
「焼き菓子多福」を営む、あいさんがつくる
焼き菓子と自家製酵母パンを、
そして、パートナーさんが
チャイとスープを提供してくださいます。
前回よりも更に種類も増え、
おいしい組み合わせがたくさん生まれているという
自家製シロップをつかったチャイ。
「パートナーさんといっしょの出展で、焼き菓子以外も並ぶのに、
 屋号は"焼き菓子多福”のままでよいのですか?」と
僭越ながら、聞いてみたところ、パートナーさん曰く、
「まだ自分に名前をつけるほどのことは出来ていない。」とのこと。
とはいえ、提供しているものに、自信がないというわけではなく、
確固たるものが見えてきたその時には、
きっと素敵なお名前が付くのでしょう。
そんな彼に負けじと、
新しいお菓子やパンをお持ちして
楽しんでいただきたい。と多福さん。
(競っているわけではないけれど、負けず嫌いの性格がニョキッと出てきます(笑)と多福さん。)
2人でつくり出す、おいしい時間。
どうぞ楽しんでくださいね。
焼き菓子多福
unnamed.jpg
・・・・・・・・
おちゃどころtumugu
・・・・・・・・
道明寺天満宮のある藤井寺市のお隣、
生まれ育った地元・柏原市で
まだ20代だった店主が、5年前にひらいた、
ごはんとおやつのお店「おちゃどころtumugu」
unnamed-2.jpg
まるで家に招いてもらったように、
ゆっくり過ごすことのできる落ち着いた空間で、
unnamed-1.jpg
「美味しいものを共有」できる場所や機会を大切に、
ごはんやおやつをつくっています。
お野菜いっぱいのお惣菜だったり、
スパイスカレーだったり、
台湾風の丼だったり、
おでんだったり、お鍋だったり、
おやつもメニュー豊富で、
ほんとうに多彩なメニューを繰り出す
魔法のような手。
そのどれもが、尖ってない味、というか、
まぁるくって、食べると心の底からホッとしてしまう。
パワフルでエネルギーにあふれていて、
でも、怪我したり、動けなくなって立ち止まってしまったり、
器用なのか、不器用なのか、、!?
そんな、いつだって全力の彼女だからこそ、
応援し、支えたいと思う人が、
彼女の周りにはたくさんいてるんだなぁ。って思います。
237A9975.JPG
(8月のTEDUKURI NO ごはん会にて。真ん中の彼女がtumugu店主さん)
美味しいものをつくり、
みんなで食べるとしあわせな気持ちになる。
そんなシンプルなよろこびを伝えてくれるような、
お弁当とドーナツが私たちの市に初めてやって来ますよー。
イチョウの黄色がまだ残る
道明寺天満宮の境内で、
ぜひお召し上がりくださいね。
おちゃどころtumugu
unnamed-1.jpg
・・・・・・・・
手網自家焙煎o-coffee
・・・・・・・・
手網自家焙煎という方法でコーヒー豆を煎り、
イベントや通販で、豆の販売や、
ドリップコーヒーを提供している
「o-coffee」大形ファミリー。
unnamed-2.jpg
コーヒーを淹れるだけでなく、
年に数回、タイのオーガニック農園へ出向き、
農園の方とともにコーヒーの実の収穫、精製にも
携わっています。
unnamed.jpg
毎日、何気なく飲むコーヒー。
こんなに身近な飲み物なのに、
コーヒーが赤い実だということや、
農作物だということさえ、知られていないこともあるかもしれない。
カップから伝わる熱が、
心地よい季節。
のびのびと育ったコーヒーチェリーの
1粒1粒に満ち溢れるエネルギーを注ぎます。
あたたかなコーヒー、いかがですか?
手網自家焙煎o-coffee
HP
19.12.8フライヤーA3.jpg
当日の会場MAP、
もうすぐ掲載しますね。
少しお待ちを!

ーーー

道明寺天満宮手づくりの市
2019.12.8(日)開催
10:00〜2:00

ーーー


大阪府藤井寺市道明寺1−16−4
近鉄南大阪線「道明寺駅」より徒歩3分



道明寺天満宮手づくりの市 HP

2019.12/8の市のこと



237A5522.JPG

【 TEDUKURI NO DRINKSTAND 】


山形・リンゴリラっぱさんのリンゴジュース、
お出ししますよー!


237A5525.JPG

濃密で豊穣なリンゴ・ワールド
お楽しみくださいねー!






icon_053450_256.jpg



【スマートフォンで閲覧の方へ】


いつもお読みくださり、ありがとうございます。

スマホ版表示の場合、広告が表示されますので、
広告が非表示になる、PC版での閲覧をお奨めいたします。

ウォールズ アンド ブリッジ / 革もの工房tickle

<2019.12.8 出展者のみなさまご紹介>
image.png
・・・・・・・・
ウォールズ アンド ブリッジ
・・・・・・・・
大阪・南船場にある
1930年に建設されたという「大阪農林会館」の2F、
奥の小さな一室にある、
MITTANやオールドマンズテーラー、
TUKIなどのメンズブランドの衣料品を中心に、
手仕事のものなど、
店主/森さん、スタッフ/塩田さんが惚れ込んだ
“良品”を扱うお店です。
0-1.jpeg
前回、初めてお店を飛び出し、
出展してくださったウォールズさん。
少し緊張して迎えた9月の市は、
真夏のような暑さで、身体はすっかりクタクタになったけれど、
価値観を共有できるお客様にたくさん出会えて、
「胸が高鳴りっぱなしでした!」という、うれしい感想。
0-2.jpeg
その日のうちに、
反省点はここだ、、次はこうした方が、、と
白熱した議論を交わし、「次も応募しよう!」と
思ってくださったんだとか。
0.jpeg
12月の市は、
ウォールズさん別注品を含む、
天然素材を使った“良質な日用品”を中心に、
品数をやや絞り、お客様に見ていただきやすいように陳列して、
“原点”でもある「お客様との会話」が、
もっとスムーズに生まれるようなブースづくりをしたい。とのこと。
-
出展して「楽しかったー!」で終わらせず、次へ。
良い店をつくり続けるのは、こういう人たちなんだな。と改めて。
0-4.jpeg
購入した時よりも、使い続けた姿の方が
より美しく、深みを増す、
確かな素材を用いて、誠実につくられたものを。
0-3.jpeg
つくり手の声を
使い手の立場から誠実に伝え、届けてくださいます。
「カタチのない生き物、を育てるような」
店作りという仕事と向き合い続けてきたからこそ、
伝えられることが、たくさん。
ウォールズ アンド ブリッジ
??実店舗??
大阪市中央区南船場3-2-6
大阪農林会館ビル 211

<定休日> 毎木+第3水
<営業時間> 12〜20時/日祝のみ〜19時
<online shop>
<インスタグラム>
0.jpeg
・・・・・・・・
革もの工房tickle?
・・・・・・・・
幼い頃から“つくること”が好きで、
いろんなものづくりを経て、
立ち上げた「革もの工房tickle 」
ランドセル職人でもあるヨシタカさんに弟子入りし、
スクールにも通って、鍛錬と経験を積んだムツミさん。
今では立派に独立(!?)し、
革もの工房tickle 」での製作・活動は、
彼女が一手に担っています。
0-1.jpeg
主にタンニンなめしの牛革や帆布を使って製作するのは、
かばんを始め、財布やポーチなど、暮らしの中に生きる道具たち。
-
素材となる革や命への敬意を持って、
傷や色ムラのある革も、
無駄にせずに使えるように。と洗って、干して。
ひと手間加えてみたら、新たな革の魅力を発見!
そうやって誕生したのが「washed」シリーズ。
クシュっとしたシワの表情がすごく魅力的で、
思わず、ずっと撫でていたくなるような。
0-2.jpeg
風合いの良い革は、
小さな端材も愛おしいから。
何層にも重ねて、手で裁つと、
ころん。と、ひとつとして同じものは生まれない、
地層のようなアクセサリーには、
mineral (鉱物)という名前がつけられてるんですって。
-
「自分のつくるもので、
 楽しい気分や幸せな気持ちになってもらいたいんだ!」と
いう思いを一心に込めて、製作しているという
tickle ムツミさん。
だから、tickleのカバンや小物を持っている人は、
みんないい顔で「これ!」って見せたくなるんですね。
しあわせなものづくりのカタチ。?
革もの工房tickle?
HP
〈 主催人・ミヤイ通信〉
237A5487.JPG
この週末もお天気よく、
スタジオとあちらこちらの神社を行き来しながら、
楽しく撮影させていただけました。
237A2944.JPG
今年の七五三も雨に降られることなく、
無事に撮影終了。ほっ。。よかったー。
237A5779.JPG
(毎年、ワンちゃんと一緒に撮影に来てくださるご家族。)
10〜12月まで撮影のハイシーズンとなるので、
たかさんは完全オフなし。
人参(お楽しみ)をぶら下げて頑張ろう!ということで、
先日、撮影を終えてから、ずっと楽しみにしていた、
ジャズピアニスト・上原ひろみのライブに行ってきました。
なかなかチケットが取れず、
たかさんが粘りに粘って獲得したチケット。
私は彼女のライブは初めてでしたが、
伝わってくる波動が映像を遥かに超えた密度で、
それはもう凄まじかったです。
※撮影のハイシーズンになると感受性がさらに高まるようで、
? たかさん、感極まって隣で号泣。えぇっ!ていう衝撃。
??
何より印象深かったのが、
彼女がピアノを弾く姿があまりにも楽しそうだったということ。
最後の一音が鳴った直後に、
湧き上がった歓声や拍手に圧倒されて、
心がビリビリと震えたまま、しばらく。
観ている人にもちゃんと伝わるんだな。すごいなぁ。
余韻がまだ続いています。
-
楽しい。だけでは続けられないし、
繕ったり、無理して笑ったり、鼓舞したり、
そのありのままの飾らない姿や、
誠実さ。好きという気持ち。
市を通じて見てきた、多くのつくり手の姿や
自分自身と重ねながら、自分なりの価値観を探し続けています。
「この日、この時の、ここにいるみなさまと
 つくり出すことのできる音を全力で探したいと思います。」というMCの言葉も
胸に響いたなぁ。
市の日の朝に思うことと
あまりにいっしょだったから。
image.png
やってることに意味あるんかなー。
そんな気持ちも包み込むような、
感動するような出会いが、この場所で、
あなたにも私にもちゃんとありますように。
ーーー

道明寺天満宮手づくりの市
2019.12.8(日)開催
10:00〜2:00

ーーー


大阪府藤井寺市道明寺1−16−4
近鉄南大阪線「道明寺駅」より徒歩3分



道明寺天満宮手づくりの市 HP

2019.12/8の市のこと



237A5522.JPG

【 TEDUKURI NO DRINKSTAND 】


山形・リンゴリラっぱさんのリンゴジュース、
お出ししますよー!
先日、小屋で商品撮影もしましたので、
市の日までにご紹介しまーす!


237A5529.JPG

濃密で豊穣なリンゴ・ワールド
お楽しみくださいねー!






icon_053450_256.jpg



【スマートフォンで閲覧の方へ】


いつもお読みくださり、ありがとうございます。

スマホ版表示の場合、広告が表示されますので、お手間お掛けしますが、
広告が非表示になる、PC版での閲覧をお奨めいたします。

cocoro / 中野由美子

<2019.12.8 出展者のみなさまご紹介>
unnamed-2.jpg
・・・・・・・・
cocoro
・・・・・・・・
植物をつかって、
ものづくりを行うcocoroさん。
植物のありのままの姿に美しさを見出し、
「いつまでも植物と共に生きていける、お守りのようなものを」
と、試行錯誤しながら、
植物と、ものづくりと向き合ってきたcocoroさん。
unnamed-1.jpg
光、風、水、土、石、月、木、宇宙。
自然界から様々な事を学び、
自分と向き合い、自分自身の心と会話する事。
unnamed.jpg
自分の心に残った事、好きなもの、
点と点を繋げてみたら、
出会えた植物の様々な姿。あたらしいものづくり、表現のカタチ。
-
「誰でもできる簡単なもの」って彼女は言うけれど、
私は違うって思ってますよ。
誰にでもできることは、誰にでもできないこと。
静かな気配や生命を感じる作品と、
その作品を作り出すcocoroさん。
あまり発信は得意でない、と言う彼女の
インスタグラムの外側にある、
お茶目な姿も知ってもらえたら。って思ってます。
cocoro
0.jpeg
・・・・・・・・
中野由美子
・・・・・・・・
兵庫県で陶芸活動を行う中野由美子さん。
相方さんと「sukku」としても活動を行う一方、
個人での活動はお名前で。
あたたかみのある質感に、
伸びやかなイラストが描かれたやきものが
中野さんの作品の持ち味。
イラストが載ると、チープに見えがちな陶器も、
土の質感とバランスが絶妙で、すごく素敵ですね。
0-1.jpeg
「つくることは、食べたり、歩いたりする事と同じくらい日常」の中野さん。
お子さんを出産後は、つくらない時期があり、
もうこのままつくることをやめようか、、と考えた時期もあったそうですが、
何気なく、土を触り、カップを作ってみたら、
「もうすごく嬉しかった!」んだとか。
0-2.jpeg
焼いてしまうと、もう土に還ることができなくなるのが、
陶芸作品だから、
いろんな気持ちと向き合いながら、
それでもあの時確信した「つくることが好き」という気持ちを心に、
暮らしの中で、楽しく使えるやきものを。
私たちの市には、久しぶりにご出展くださいますよー。
中野由美子
19.12.8フライヤーA3.jpg
ーーー

道明寺天満宮手づくりの市
2019.12.8(日)開催
10:00〜2:00

ーーー


大阪府藤井寺市道明寺1−16−4
近鉄南大阪線「道明寺駅」より徒歩3分



道明寺天満宮手づくりの市 HP

2019.12/8の市のこと
237A5522.JPG
【 TEDUKURI NO DRINKSTAND 】
山形・リンゴリラっぱさんのリンゴジュース、
お出ししますよー!
237A5529.JPG
濃密で豊穣なリンゴ・ワールド
お楽しみくださいねー!
icon_053450_256.jpg



【スマートフォンで閲覧の方へ】


いつもお読みくださり、ありがとうございます。

スマホ版表示の場合、広告が表示されますので、
広告が非表示になる、PC版での閲覧をお奨めいたします。

KEESE / キトキ

<2019.12.8 出展者のみなさまご紹介>
unnamed-1.jpg
・・・・・・・・
KEESE
・・・・・・・・
『シェアできるモノ』をコンセプトに
性別や世代問わず、シェアできる普遍的なデザインの作品を
革・キャンバス生地・ヴィンテージ生地などを使い、
全てハンドメイドで製作しているKEESE(キース)さん。
unnamed.jpg
さらりと持っても様になる
ピッグスエード(国産豚革)と牛革の紐を使った
オールレザーのナップサックは、
道明寺天満宮手づくりの市では初お目見え。
unnamed-2.jpg
旧型のシャトル織機で高密度に織られた倉敷帆布を使った、
KEESE定番のボートトートは、
昔、氷の塊を運ぶ際に使用していたバッグを元に製作したもの。
ハンドルのオイルレザーは、
使い込むほどに手に馴染み、まさに「育てるバッグ」
KEESEさんのつくるものは、
使う人がいて、使う時間があって、
はじめて完成するもの(もしくは永遠に完成せず、育ちゆくもの)
なのかもしれません。
-
「つくる」ことは決して制作活動に限らず、
とても大切なことで、生きるために必要なこと。だという
KEESEさん。
「シンプルがゆえに面白くないと言われること」だったり、
迷うこと、立ち止まることばかりでも、
流行に流されずに使いやすいものを徹底してつくりたい。と
日々、制作と向き合い、
思考も深めていく。
自分が死んだ後にも自分のつくるモノが、
世の中に残り、使われていくことが夢なんです。」
KEESE
261A0650.jpg
・・・・・・・・
キトキ?
・・・・・・・・
まさきさん、きよこさん。
ご夫婦で「キトキ」として撮影活動を行なっています。
写真を仕事として行うようになって
10年を迎える節目、
自宅の一部を改装し、
念願だったスタジオ&アトリエ「記時化計画(キトキカケイカク)」
をオープン。
これまでの各地への出張撮影や、
旅する青空写真館の活動に加え、
自分たちの暮らしのある場所に根を深く張りながら、
お2人の愛に溢れた眼差しは、ますます
たくさんの方へと注がれていくのでしょう。
261A0578.jpg
さて、市では「青空写真館」と写真雑貨の販売を。
・撮影は、事前の予約はなく、
受付の順番で承ってくださるとのこと。
・まさきさん、きよこさんお2人で撮影を進めていくスタイルですが、
お客様が重なった場合は、お待ちいただくこともあります。とのこと。
たくさん言葉を交わしながら、
撮影を楽しんでもらえるように。
・4時間の開催時間内では、撮影できる組数に限りがありますこと、
あらかじめ、ご了承くださいませ。
市当日、時間的に撮影が難しい場合は、
奈良県香芝市にある「記時化計画(キトキカケイカク)」へ
迷わずGO!ですよー。
261A0352.jpg
「そこに愛はあるのか」
(某CMの言葉のようですが)
言葉にすると軽く聞こえてしまうけれど、
愛のある時間を共有し、届け、受け取ってもらえた時、
「一生残したい写真(=記憶)になるような気がします。」とキトキさん。
一生残したい記憶は、
特別な日の中だけじゃなくて、日々の中に。
愛のあるところに。
ーーー
撮影の詳細につきましては、
↓下記のリンクやブースでどうぞお尋ねくださいね。
ーーー
キトキ
icon_053450_256.jpg
【スマートフォンで閲覧の方へ】
いつもお読みくださり、ありがとうございます。
スマホ版表示の場合、広告が表示されますので、
広告が非表示になる、PC版での閲覧をお奨めいたします。
19.12.8フライヤーA3.jpg
ーーー

道明寺天満宮手づくりの市
2019.12.8(日)開催
10:00〜2:00

ーーー


大阪府藤井寺市道明寺1−16−4
近鉄南大阪線「道明寺駅」より徒歩3分



道明寺天満宮手づくりの市 HP
2019.12/8の市のこと
2.jpeg
<2019.12.8 出展者のみなさまご紹介>
いつもお読みくださり、ありがとうございます!
いよいよ来週ですね。お会いできること、心待ちにしています。


play back ?click! →

ハミングドーナツ / nana bagel

<2019.12.8 出展者のみなさまご紹介>
0-1.jpeg
・・・・・・・・
ハミングドーナツ
・・・・・・・・
大阪・八尾でクッキー屋を営む「ハミングバード」さん。
その確かな美味しさでファンの心をぎゅっと掴んでいる彼女、
クッキー屋さんになる前は、ドーナツ屋さんで働いていたんですって!
というわけで。(長くなるので、だいぶ、説明をはしょりますが)
美味しく召し上がっていただけるタイミングが短い、
揚げたてのドーナツを提供するのにはもってこい!というこの市で、
昨年に続き、今年もこの日だけ、
揚げたてドーナツを提供する「ハミングドーナツ」に変身。
237A3308.JPG
(18.12.2の市より/ 38)
食べた時に「ホッ」とするような素朴な美味しさを目指すのは、
クッキーもドーナツも同じ。
237A3310.JPG
(18.12.2の市より/ 38)
0-3.jpeg
外はサクッと、中はホワッと。
生地の美味しさがシンプルに味わえる
・プレーン
・きび糖
・セイロンシナモン
の3種をご用意。
0.jpeg
前回の反省を踏まえ、
より安心して美味しく
召し上がっていただけるように。
お待たせする時間を少しでも短くできるよう、
オペレーションも見直しての再チャレンジ。
食べたら、思わず、「ふふふ〜ん♪」とハミング
(ロゴの中、よく見てみると、、音符!)
美味しいからといって、
食べ過ぎには注意ですよー
(揚げものですから、その場でできるだけお召し上がりください。
小さなお子さまなど、特にご負担のないようにしてあげてくださいね。)
ハミングドーナツについて
ハミングバード
※市当日はクッキーの販売はありませんので、あしからず
0.jpeg
・・・・・・・・
nana bagel
・・・・・・・・
三重県伊賀市の山里にある、
nanaさんが1人で営む、小さなベーグル屋さん。
国産小麦を使った生地を
低温で長時間発酵させることにより、
小麦の美味しさを存分に引き出したベーグルは、
むっちりと食べ応えがあるのに、
身体にすーっと馴染む美味しさ。
0-1.jpeg
菜園で育て収穫した野菜や果実などを練り込んだ、
季節ごとのベーグルも、毎年うれしい季節の便りのよう。
0-2.jpeg
立ち止まることなく、とにかく手を動かし、
ひたすらつくることで、今のベーグル屋の活動を
1つ1つ形にしてきたnanaさん。
1人でやっていると、どうしても
できることに限りがあるけど、
大切なことを見つめ、
「同じことの繰り返しであっても手を抜かず、丁寧に作り続けること」
季節は巡るけれど、
当たり前であって、当たり前でないように。
まぁるく、心を込めて。
nana bagel
HP:

Instagram:
237A3329.JPG
去年の市は、寒さの緩んだあたたかな日でした。
さて、今年は?
ーーー

道明寺天満宮手づくりの市
2019.12.8(日)開催
10:00〜2:00

ーーー


大阪府藤井寺市道明寺1−16−4
近鉄南大阪線「道明寺駅」より徒歩3分



道明寺天満宮手づくりの市 HP
手づくりの市へようこそ
DSC_2699.jpg
(PHOTO by YUKO KAWABATA / TEDUKURI NO STAFF)
【ドリンクスタンド】
237A9587.JPG
たのしい、リンゴジュースが、
山形から届きました!
TEDUKURI NO ?NEW STAFF / あやかさんがお仲間入り。
12/8ドリンクスタンド、やりますよー。
またご案内しますね!

saredo -されど- / 餅武 / ハチミツ屋Atorium38

<2019.12.8 出展者のみなさまご紹介>
2-1.jpeg
・・・・・・・・
saredo -されど-
・・・・・・・・
奈良県で家業の糸屋を営みながら、
落ちわたのitoを軸とした、
持続可能な暮らしの道具を企画生産している
「saredo -されど-」カヤザワご夫妻。
落ちわた100%のリサイクルコットンと出会い、
本来捨てられるはずのものを、
無駄なく循環させるというそのストーリーだけでなく、
リサイクルコットンそのものが持つ
味わいやあたたかみを生かした製品を提案したい、と
生み出しているのが、
糸や靴下、帽子などの「sare道具(と書いて、されどもの)」
2.jpeg
落ちわた100%のリサイクルコットンを用いたものづくりは
今までにあまり前例がなく、あたらしい試みでもあり、
太番手の糸しか紡げなかったり、
強度面での課題など、
できることに制約がありながらも、
そのことをしなやかに受け入れ、
だからこそ、できるものづくりに目を向ける。
そうやって、紆余曲折を経て、
生み出している製品の1つ1つが、
信頼の置ける工場さんの技術に支えられたもので、
お2人の愛情がたっぷり込められた、自慢の逸品たち。
2-2.jpeg
定番の帽子から、
あたらしいカラーが登場するアイテム、
saredoが考える、
あたらしい股引のかたち「fork」(写真)も
お目見えの予定。
シンプルな構造ながら、
何度も修正を行い、出来上がったという「fork」
長めのリブをパンツの裾から覗かせて、
コーディネートするのも素敵そうですね。
-
寒い季節を乗り越えるための
あたたかなサレドモノたちがずらり。
リサイクルコットン独特の質感や表情を
実際にぜひ手にとって、ご覧になってみてくださいね。
saredo -されど-
blog:
instagram:
onlineshop
0-1.jpeg
・・・・・・・・
餅武?
・・・・・・・・
長年、培われた米菓製造の技術と
厳選した素材を用いて、
出来立ての米菓を提供している
餅武 」さんは京都から。
0-2.jpeg
兵庫県丹波のふえのみち農園さんが育てた
餅武のための餅米「満月」をつかって、
外はサクッと、中はふわっとした
焼きたてのあられは4種類。
「風土を閉じ込めたお菓子」を目指したという米菓は、
なつかしくも、あたらしい、あられ。
0.jpeg
また、冬の市では、
あられと同じ餅米「満月」で小餅をつくり、
その場でぷっくり焼き上げ、
あつあつの自家製おぜんざいといっしょに提供してくださいます。
-
「良い素材をいかにシンプルに米菓にするか。」
足していくのではなく、余計なものをそぎ落としていくことを
意識している。という餅武さん。
お米一粒で、
感動するくらいの米菓をつくることができたら。
という言葉に、
ワクワク。。
そんな日がやってくるのを
楽しみにしたいと思います。
餅武?
◆HP/ECサイト
◆Instagram
0-1.jpeg
・・・・・・・・
ハチミツ屋Atorium38
・・・・・・・・
おじいちゃんが始めた養蜂を両親が引き継ぎ、
そのハチミツを販売している北原寛子さん。
お店は、大阪豊中市にあり、
採蜜のシーズンになると、北海道や和歌山へ飛んでゆきます。
0.jpeg
採取しているのは、
・みかん
・はぜ
・そば
・百花
4種類のハチミツ。
それぞれに風味や色も異なりますし、
「ミツバチが生涯で集める蜜はティスプーン一杯分」と聞いてから、
ますます、「ハチミツ」という存在が、
とても神秘的なものに感じるようになりました。
瓶1つに、飛び交うミツバチの風景。
寒い季節、ハチミツは結晶化しやすくなりますが、
シャリっとした食感とバターを乗っけたトーストを食べるのも、
この季節ならではの美味しさだと思ってます。
※1歳未満のお子様には与えないように、ご注意くださいね。
0-2.jpeg
乾燥には、ハチミツとミツロウを贅沢に使ったクリームを。
ミツバチたちの恵みを、
ぜひ身体の中から、外から、
贈り物にもオススメです!
ハチミツ屋Atorium38
HP、あたらしくなりましたよ!
19.12.8フライヤーA3.jpg
ものづくりを引き継ぎ、つなげていく人たちへ
リスペクトを込めて。
ーーー

道明寺天満宮手づくりの市
2019.12.8(日)開催
10:00〜2:00

ーーー


大阪府藤井寺市道明寺1−16−4
近鉄南大阪線「道明寺駅」より徒歩3分



道明寺天満宮手づくりの市 HP
image.png
<2019.12.8 出展者のみなさまご紹介>
いつもお読みくださり、ありがとうございます!


play back ?click! →

串揚+燻製/TE kara TE / オリーブオイルの専門店 油屋マルキチ / 十十十十十十(サササ)

<2019.12.8 出展者のみなさまご紹介>
unnamed.jpg
・・・・・・・・
串揚+燻製/TE kara TE
・・・・・・・・
大阪府泉南郡熊取町(ざっくり言えば大阪の下の方)にある
串揚+燻製/TE kara TE
燻製した食材を主に使ったメニューで、
昼はカフェ、時折限定ランチ。
夜は創作串揚げのコースを提供しているお店です。
unnamed-1.jpg
店主・高森政文さんが、
会社に勤めていた頃から、好きだったという料理。
市に遊びに来てくださっていた数年前は、
「いつか料理を提供するお店がひらけたら。」という頃でしたが、
趣味だった料理は、その領域を超えて、
試行錯誤の末に、1つ1つのレシピを生み出した「燻製モノ」と
その燻製モノを使った創作串揚げという形で、
お店を開くことを決意。そしてオープン。
その過程を、この市を通じて、
見守り、応援しつづけている人も多いのではないでしょうか?
(私たちもそのうちの1人です。)
unnamed-2.jpg
カフェでも提供している「燻製チーズケーキ」は、
濃厚なチーズの香りの後に、
ふわっと追いかけてくる燻製の香り。
素材に応じて、燻製チップも使い分け、
定番でつくりつづけているものも、
より美味しくなるよう、進化つづけているようです。
燻製オリーブや燻製のお醤油など
定番のものから、新メニューまで。
奥深き燻製の美味しさに
たくさんの方が出会えますように。
串揚+燻製/TE kara TE
instagram
オリーブオイルの専門店 油屋マルキチ
・・・・・・・・
東大阪にある老舗の油屋が展開する
「オリーブオイルの専門店 油屋マルキチ」
オリーブオイルソムリエでもある松本さんが、
産地へ足を運び、品質を見極めながら、
自信を持っておすすめできるものだけを厳選して、
日本で紹介しています。
1-1.jpeg
扱うのは6種類のオリーブオイル。
10月に収穫がスタートする、
オリーブの実から搾るオリーブオイル「ノヴェロ」は
この時期を逃すと手に入りにくくなるという、
貴重な一品。
フレッシュで香り高く、
生命力あふれる味わいをぜひみなさまへ。
1-2.jpeg
オリーブと一緒に搾ったり、
香りをまとわせて(香料ではなく)つくる
フレーバードオイルは、
・燻製
・ゆず
・レモン
・ライム
・オレンジ
・バジル
・ローズマリー
・ガーリック
の8種類。
ひとかけするだけで「素材」を「お料理」に変えてくれる
ご馳走オイル。
信頼する生産者さんから託されたオリーブオイルと、
そのオイルと相性の良いワインビネガーや、
イタリア・シチリア島の瓶詰め食品をご紹介くださいます。
気のおけない友人や仲間と
集まる機会も増えてくる年末年始の食卓を
ちょっと特別なものに変えてくれるものばかりですよ。
オリーブオイルの専門店 油屋マルキチ
unnamed-2.jpg
・・・・・・・・
十十十十十十(サササ)
・・・・・・・・
「自然のちからをかりて 軽やかに健やかに」
10月に大阪・阿倍野での店舗営業を終え、
兵庫県宍粟市に拠点を移した
十十十十十十(サササ)山口ご夫妻。
全てがある場所=”ないもの”がない場所
だと確信した土地へ移り、
もっと自然に寄り添い、
本質的なことを見つめながら、表現する活動へ。
拠点となる幼稚園跡地は
来春には始動させたいと現在、修繕・改装中なんだとか。
unnamed-1.jpg
原石に手を加えることなく、
そのままの力強さをシンプルに、
身につけるためのリングや、
unnamed-3.jpg
精麻や籐などの素材をつかった装身具、
unnamed.jpg
身体や季節に合わせて、
生薬をブレンドしたオリジナルの漢方茶のほか、
unnamed.png
12月の市では、しめ飾りがお目見え。
領域を決めず、自分たちの軸を見つめて、
自然に、軽やかに。
移転後、しばらくお会いできない、、と思っていたら、
割とすぐにお会いできることになりました(笑)
距離も軽やかに超えて。
十十十十十十(サササ)
19.12.8フライヤーA3.jpg
ーーー

道明寺天満宮手づくりの市
2019.12.8(日)開催
10:00〜2:00

ーーー


大阪府藤井寺市道明寺1−16−4
近鉄南大阪線「道明寺駅」より徒歩3分



道明寺天満宮手づくりの市 HP
0-1.jpeg
<2019.12.8 出展者のみなさまご紹介>
いつもお読みくださり、ありがとうございます!
play back ?click! →

おと。(MARIKOTRIP)

<2019.12.8 出展者のみなさまご紹介>
IMG_8000.JPG
奈良県生駒市の高台にある、
山岡ピザさんと建物をシェアする形で、
カフェ「おと。」をオープンしたMARIKOさん。
MARIKOTRIPとして、
自然と調和しながら、からだ/こころ/スピリットを整える
お料理教室を全国で開催し、活動されていましたが、
ご縁が巡って、奈良に戻り、お店をひらくことに。
準備期間が短い中、いろんな方のご縁や力を借りて、
初夏、無事にオープンを迎えたというお店に、
IMG_8014.JPG
先日、市スタッフ/むっちゃん・ユウコさんといっしょに
行って来ました。
IMG_8001.JPG
紅葉も深まりつつある生駒山。
この日はお天気もよく、あたたかくて、
心配していた険しい道のりも、
何とか無事に到着。(車が後ろにひっくり返りそうなほどの急な山道を登って行きます。)
IMG_8004.JPG
迎えてくださったMARIKOTRIPさんは、
笑顔の素敵な、ぱぁっと朗らかな女性で、
その明るいお人柄に、
初対面ながら、初対面じゃないみたいな、
すっかり心が解けてしまうよう。
IMG_8002.JPG
そんなMARIKOさん。
以前は化粧品会社に勤めておられ、
お料理は全くしていなかったというから、
聞いてビックリしました!
東日本大震災を機に体調を崩したことをきっかけに、
からだや心を見つめ直そうと、お料理の道に進まれたんだとか。
マクロビオティックや、
ローフードなどさまざまな調理法を学び、突き詰めた後、
今は、枠に捉われることなく、
その良いところを上手に取り入れたお料理や生活を
MARIKOTRIPとして、表現し、提案しておられます。
ローフード
48℃以下の加熱で、本来食べものが持っている酵素やビタミンなどを
効率よく摂取することを目的とした食事のこと。
IMG_8009.JPG
いただいたランチプレートは、熱々のグラタンを始め、
葛を使った豆腐やお惣菜など、お野菜たっぷりで、
どれも滋味深く、品数も豊富。
IMG_8012.JPG
食事の後は、どれも美味しそうで選び切れず、、
チョコレートケーキとチーズケーキ、
レモンケーキに、ベリーのロータルトを
みんなでシェア。
IMG_8007.JPG
店内は、
ところどころで灯されたキャンドルの光や、
窓辺に吊るされたサンキャッチャーの光がきらきらと差し込み、
IMG_8013.JPG
私はKCOFFEEさんが焙煎しているという
おと。オリジナルコーヒーを。
むっちゃんとユウコさんは、
数種類あるチャクラティーから、
それぞれ選んだものをいただきながら、
IMG_8005.JPG
ゆっくり。時には大爆笑で、
過ごした時間は、とても贅沢なひと時でした。
「静けさの先にある音を、、、」
目に見えること、目には見えないこと。
やさしい気持ちに耳を澄ませながら、
丁寧にはぐくみ、つなげるご縁。
圧倒的な世界観が在りながらも、
それを押し付けるような、窮屈さやストイックな雰囲気もなく、
親しみのある空間の中、
安心感に包まれて過ごすことのできる
おと。の空間、お料理、デザート。
お隣のテーブルにいた小さな子どもさんが、
すやすやと気持ち良さそうに眠っている姿が、
この場所を物語っているようでした。
-
はじめまして。の私たちの市には、
お店で提供しているランチプレートを詰め合わせたお弁当や、
デザートをお持ちくださる予定。
※ロータルトは、火を通さないお菓子になるので、
?市には登場しません。おと。さんでぜひお召し上がりくださいね。
MARIKOさんお1人で調理されているため、
数には限りがあるかとは思いますが、
あたらしいご縁をどうぞ味わってみてくださいね。
おと。
MARIKOTRIP
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
〈 言い訳 〉
unnamed-2.jpg
たかさんが使わなくなったカメラを
使うようになった子どもたち。
unnamed-1.jpg
そのカメラを借りて、おと。さんへ持って行きましたが、
私には、どうも扱いづらいレンズが付いていて、
撮った写真、ほとんどピントがズレてしまっていました、、
上手に撮ってご紹介できず、申し訳ないですが、、
ぜひ実際、足を運んで、その素晴らしい空間を体感してみてくださいね。
19.12.8フライヤーA3.jpg
写真もいいけど、体感する贅沢を。
ーーー

道明寺天満宮手づくりの市
2019.12.8(日)開催
10:00〜2:00

ーーー


大阪府藤井寺市道明寺1−16−4
近鉄南大阪線「道明寺駅」より徒歩3分



道明寺天満宮手づくりの市 HP