出展者のひと と私

Img_4587_3

先日、ある出展者のひととお花見ピクニックする。

手づくりの市で知り合ったひとだけど、友達になって、遊んだり、お手紙書いたり、もらったり。。

「おともだち、ミヤイさん」だけど、

「手づくりの市主催者の、ミヤイさん」でもあり、

市の話をあれこれ聞くには、ほかの人に対して、フェアじゃないような気がする・・とおっしゃる。



それを聞いて、そんなふうに考えるものなんや。。と思ってしまった。

旦那は日ごろから、「出展者のひとには全員同じように平等に接することを心掛けよ」と言う。

私は、平等って??と思う。



もちろん、出展条件など均一でなければならない部分はもちろんあるけれど、

私は一律、みな同じでなければ、という意識はあんまりない。



だって、出展者のひとは、それぞれみなさん違うひとだから。

それぞれのひとに応じた接し方があって当たり前であって、それについて不満に思うひとがいるのかね。。

でも気にされるひともいるかもしれないな。。

そういうひとには、私たちのやり方はフェアではないかもしれません。

手づくりの市以外でも仲良しにしてもらっているひとたちは、

そういうひとに限って、申し込みをしてくださるときには、

「友達だからって関係なし。ちゃんと選考してね」と言葉を添えてくれる。

個人的に親しくなったからといって、それを使ってどうこう。。っていうひととは、

そもそも仲良しにはなれない気がする。

それとこれは別の話であって、出展をお願いできない時には、そう伝える。


続けて出展してくださっているひとには、毎回、新しい提案をもらったり、お客さまの要望があったり、と

ちゃんと理由がある。



ブログはみなさまが見てくれるものだから、個別のお付き合いについては、

特には記載しない、というのはぼんやり決めているくらいです。

毎回、たくさんのひとに関わってもらって、

どんどんそれが積み重なっていって、

私たちとの交流も本当にさまざま。



だけども、いっしょにあの空間をつくっている、ということだけは、みんないっしょ。

それだけでいいような気がするのだけども・・・


でも出展者同士のつながりが増えて、何だかお客さまを置いてきぼりにしている風になっていたら、

それはいけませんね。。

内輪で盛り上がっている感じは、最も苦手なもんで、(見ていても楽しくないもんねー)

知らず知らずのうちに自分たちがそうなっていたら、嫌だなー。

気をつけよう。うん。




出展者のひとへ、

DMを希望してくださったひとには、分配し、先日お送りしました。

藤井寺周辺のお店の方には、来週、届けに行きたいと思っていますので、もう少しお待ち下さい。

よろしくお願い致します。

好きなこと

Img_4713_4

今年は、桜が咲いている期間が例年より長い、とのことだけど、

やっぱりあっという間な気がする。


来年会えるまで、ありがとう、さようなら。



新しいブログに、音楽リストがつくれる、ということで、

旦那が大喜び。早速つくってみる。


クラシックも聞くし、ジャズも好きで、

かと思えば、ハウスも好きで、ロックも好き。

「どのジャンルが1番好きなん??」と聞くと、

「自分が聞いてて気持ちよければ、何でも」と言う。




あら、男前じゃないの。。



旦那のおかげで、音の世界は本当に広がったと思う。

(インストを聞くなんて、考えられなかった私。)



かといって、ひとに自分の好みを押し付けるのは、嫌いで

(というか、自分が嫌だから。だそうだ。そりゃ、そうだ。)



「音楽について書いてみたら??」と言うと、

「それは聞くひとが、それぞれに感じることだから」と言う。




やっぱり、男前じゃないの。。




朝ごはんのオールブランの1日摂取量である40gを

はかりで計って食べる彼。


家の湿気に異常に敏感な彼。













私にはあり得ないことが多い彼。



だから、毎日、楽しいのかもしれないなぁ。

楽しみな季節になりました。

Img_4707

やはり、そわそわする季節。

近くの秘密基地では、桜が満開。

お花見の約束の日まで、きれいに咲いているだろうか??


アトリエ。

なかなか新しい服が並ばない服屋さんですが、

ストライプリネンでつくったカシュクールワンピースが完成。

出産間近の友達の赤ちゃんが生まれたら、プレゼントしようと思っているロンパースも完成。

女の子だというので、nani IROのスミレ色の生地でつくった。

普段使わないような鮮やかな色合いで、

何だか新鮮に感じられる。

こどもパンツのストックがなくなってしまって、

息子の分も含め、つくりたいなぁぁ。。と思いながら、

そこまでまだ辿り着かない・・

なので、こども服がほとんどない状況だけれども、(赤ちゃんのスタイはあるんだけど・・)

小さな子ども連れのひとに、もっと出会えたらな。。と思う。

昔の私のように、

行く場所も知っているひともいなくって、息苦しい思いをしているひとに、

見つけてもらえたらいいなぁ。。なんて思っております。



というわけで、明日7日(水) アトリエショップ オープン日。

2Fで作業をしていると、来店に気づかない時があるので、ためらわずにベルを大きく振ってください。

(近々、インターフォンつける予定・・)

4月になりました。

Img_4398_2

栃木県那須にある「tamiser kuroiso」の風景。

目に焼き付けたいので、ミシンの前に置いている。

以前「住む」という雑誌にも特集されていて、

初めて見たとき、その衝撃にクラクラした。

思い描く理想が形となって現れてて、

もう、それはそれはすごいかっこいい空間で、すぐにでも飛んで行きたいと思った。が栃木は遠いな・・


ひとがつくり出す空間って、そのひとだけのものだから、

自分たちの空間にはこだわるというより、無頓着ではありたくないな。。と思う。

目に嫌なものがひとつでもあると落ち着かないタイプ。

洗剤のパッケージひとつ、困る。



なので、新しい場所はまだまだ落ち着かないけれど、

時間を掛けてつくっていきたいなぁぁ、と思う。

いい感じの縁側もようやく完成しました。屋根もついた。旦那と義父さんの合作。

といっても、本職でした。そりゃあ、立派に出来上がるわけです。



そうこうしているうちに、5月の手づくりの市の出展者もようやく決まり、動き出す。

あっというまに当日になりそうな危険な予感。

毎日、大事に過ごそう。どんなひとにも平等に与えられた24時間なのだ。



というわけで、DMはこれから製作します。

デザインはだいたい決めたけど、スキャナーが壊れた・・

うーん・・出来るだけ早くします。

準備が出来ましたら、出展者のみなさまにお送りし、

きっとそこから、あちらこちらへと私たちの想像を超えて、旅立っていくと思うので、

もう少しお待ち下さい。