ウォールズ アンド ブリッジ / 革もの工房tickle

<2019.12.8 出展者のみなさまご紹介>
image.png
・・・・・・・・
ウォールズ アンド ブリッジ
・・・・・・・・
大阪・南船場にある
1930年に建設されたという「大阪農林会館」の2F、
奥の小さな一室にある、
MITTANやオールドマンズテーラー、
TUKIなどのメンズブランドの衣料品を中心に、
手仕事のものなど、
店主/森さん、スタッフ/塩田さんが惚れ込んだ
“良品”を扱うお店です。
0-1.jpeg
前回、初めてお店を飛び出し、
出展してくださったウォールズさん。
少し緊張して迎えた9月の市は、
真夏のような暑さで、身体はすっかりクタクタになったけれど、
価値観を共有できるお客様にたくさん出会えて、
「胸が高鳴りっぱなしでした!」という、うれしい感想。
0-2.jpeg
その日のうちに、
反省点はここだ、、次はこうした方が、、と
白熱した議論を交わし、「次も応募しよう!」と
思ってくださったんだとか。
0.jpeg
12月の市は、
ウォールズさん別注品を含む、
天然素材を使った“良質な日用品”を中心に、
品数をやや絞り、お客様に見ていただきやすいように陳列して、
“原点”でもある「お客様との会話」が、
もっとスムーズに生まれるようなブースづくりをしたい。とのこと。
-
出展して「楽しかったー!」で終わらせず、次へ。
良い店をつくり続けるのは、こういう人たちなんだな。と改めて。
0-4.jpeg
購入した時よりも、使い続けた姿の方が
より美しく、深みを増す、
確かな素材を用いて、誠実につくられたものを。
0-3.jpeg
つくり手の声を
使い手の立場から誠実に伝え、届けてくださいます。
「カタチのない生き物、を育てるような」
店作りという仕事と向き合い続けてきたからこそ、
伝えられることが、たくさん。
ウォールズ アンド ブリッジ
??実店舗??
大阪市中央区南船場3-2-6
大阪農林会館ビル 211

<定休日> 毎木+第3水
<営業時間> 12〜20時/日祝のみ〜19時
<online shop>
<インスタグラム>
0.jpeg
・・・・・・・・
革もの工房tickle?
・・・・・・・・
幼い頃から“つくること”が好きで、
いろんなものづくりを経て、
立ち上げた「革もの工房tickle 」
ランドセル職人でもあるヨシタカさんに弟子入りし、
スクールにも通って、鍛錬と経験を積んだムツミさん。
今では立派に独立(!?)し、
革もの工房tickle 」での製作・活動は、
彼女が一手に担っています。
0-1.jpeg
主にタンニンなめしの牛革や帆布を使って製作するのは、
かばんを始め、財布やポーチなど、暮らしの中に生きる道具たち。
-
素材となる革や命への敬意を持って、
傷や色ムラのある革も、
無駄にせずに使えるように。と洗って、干して。
ひと手間加えてみたら、新たな革の魅力を発見!
そうやって誕生したのが「washed」シリーズ。
クシュっとしたシワの表情がすごく魅力的で、
思わず、ずっと撫でていたくなるような。
0-2.jpeg
風合いの良い革は、
小さな端材も愛おしいから。
何層にも重ねて、手で裁つと、
ころん。と、ひとつとして同じものは生まれない、
地層のようなアクセサリーには、
mineral (鉱物)という名前がつけられてるんですって。
-
「自分のつくるもので、
 楽しい気分や幸せな気持ちになってもらいたいんだ!」と
いう思いを一心に込めて、製作しているという
tickle ムツミさん。
だから、tickleのカバンや小物を持っている人は、
みんないい顔で「これ!」って見せたくなるんですね。
しあわせなものづくりのカタチ。?
革もの工房tickle?
HP
〈 主催人・ミヤイ通信〉
237A5487.JPG
この週末もお天気よく、
スタジオとあちらこちらの神社を行き来しながら、
楽しく撮影させていただけました。
237A2944.JPG
今年の七五三も雨に降られることなく、
無事に撮影終了。ほっ。。よかったー。
237A5779.JPG
(毎年、ワンちゃんと一緒に撮影に来てくださるご家族。)
10〜12月まで撮影のハイシーズンとなるので、
たかさんは完全オフなし。
人参(お楽しみ)をぶら下げて頑張ろう!ということで、
先日、撮影を終えてから、ずっと楽しみにしていた、
ジャズピアニスト・上原ひろみのライブに行ってきました。
なかなかチケットが取れず、
たかさんが粘りに粘って獲得したチケット。
私は彼女のライブは初めてでしたが、
伝わってくる波動が映像を遥かに超えた密度で、
それはもう凄まじかったです。
※撮影のハイシーズンになると感受性がさらに高まるようで、
? たかさん、感極まって隣で号泣。えぇっ!ていう衝撃。
??
何より印象深かったのが、
彼女がピアノを弾く姿があまりにも楽しそうだったということ。
最後の一音が鳴った直後に、
湧き上がった歓声や拍手に圧倒されて、
心がビリビリと震えたまま、しばらく。
観ている人にもちゃんと伝わるんだな。すごいなぁ。
余韻がまだ続いています。
-
楽しい。だけでは続けられないし、
繕ったり、無理して笑ったり、鼓舞したり、
そのありのままの飾らない姿や、
誠実さ。好きという気持ち。
市を通じて見てきた、多くのつくり手の姿や
自分自身と重ねながら、自分なりの価値観を探し続けています。
「この日、この時の、ここにいるみなさまと
 つくり出すことのできる音を全力で探したいと思います。」というMCの言葉も
胸に響いたなぁ。
市の日の朝に思うことと
あまりにいっしょだったから。
image.png
やってることに意味あるんかなー。
そんな気持ちも包み込むような、
感動するような出会いが、この場所で、
あなたにも私にもちゃんとありますように。
ーーー

道明寺天満宮手づくりの市
2019.12.8(日)開催
10:00〜2:00

ーーー


大阪府藤井寺市道明寺1−16−4
近鉄南大阪線「道明寺駅」より徒歩3分



道明寺天満宮手づくりの市 HP

2019.12/8の市のこと



237A5522.JPG

【 TEDUKURI NO DRINKSTAND 】


山形・リンゴリラっぱさんのリンゴジュース、
お出ししますよー!
先日、小屋で商品撮影もしましたので、
市の日までにご紹介しまーす!


237A5529.JPG

濃密で豊穣なリンゴ・ワールド
お楽しみくださいねー!






icon_053450_256.jpg



【スマートフォンで閲覧の方へ】


いつもお読みくださり、ありがとうございます。

スマホ版表示の場合、広告が表示されますので、お手間お掛けしますが、
広告が非表示になる、PC版での閲覧をお奨めいたします。
コメント