7/1 〜 『巾着とエコバック展』

 

 

 

母親がアメリカンキルトやハワイアンキルトなど、

パッチワーク手芸が好きで、

いつも何かをつくり、手を動かしている人でした。(今も)

 

以前、万博公園内にある

国立民族学博物館で見た

『アーミッシュキルト展』も圧巻で、

 

小さなパーツを繋ぎ合わせて、

出来上がる幾何学模様の多彩な風景は、

 

動かされた手の時間やその跡を感じさせ、

布が布を超えるような、存在感。

 

 

 

そんな幼い頃から身近にあったパッチワークを

色とりどりの生地を用いるのではなく、

 

無地の生地で、

同じ色味の生地でつくったら、かっこいいだろうな。と

ずっと思っていたので、

 

今回、初めて製作してみました。

 

 

折り伏せ縫いでランダムに繋いでいく

パッチワーククロスとはまた違って、

 

 

小さなパーツを

リズムよく繋いでいくパッチワーク。

 

キルト芯は挟まず、

内布をつけて、2枚仕立てのかばんに。

 

 

布での表現の可能性が

また広がったような、

ワクワクする気持ちで製作することが出来ました。

 

 

パッと見ではわからないけれど、

目を凝らすと見えてくる

植物の葉の陰影が

織りなす風景のような。

 

つくりたいものは、

そんな風景。

 

 

よかったらぜひご覧になって見てくださいね◎

 

 

---

 

7/1(水)より、

ご近所のパン屋「coccoya」さんにて行われる

△棚の展示『巾着とエコバック展』に

参加させていただきます◎

 

7名の作家による巾着とエコバックがずらり。

 みなさまにとって、お気に入りが見つかりますように。

 

---

 

 

 

 

パンと暮らしのcoccoya
藤井寺市道明寺にあるパンと雑貨のお店。

国産小麦や太白ごま油、てんさい糖など、

身体にやさしく、たのしいパンが大人気。
道明寺パワースポット的、稀有なパン屋さん。

 

www.instagram.com/coccoya/

 

 

 

38_WORKS.

https://38-works.com

 

 

instagram

@miyai_works

コメント