今後の活動について【product by miyai works.】

 

237A0868.JPG

 

 

【product by miyaiworks / 服の製作について】

 

 

学校休業に伴い、

つむぎを連れてアトリエへ出勤し、

服の製作を続けています。

 

 

自宅とアトリエの往復。

顔を合わせるのは、両親と家族だけの毎日。

 

世界をこれ以上小さく出来ないほど、

小さく小さく縮小していくうちに、

自分の立っている場所や未来までも

わからなくなってしまっていたけれど、

 

今は少し吹っ切れた。

やれることをするしかない。

 

 

受注している服の製作はあと少し。

 

こんな状況でお届けすることになってしまうとは、、

想像すらしていなかったけれど、

心を込めて最後までおつくりします。

 

 

誰にも会わない、会えない毎日でも、

自分のために好きな服を着る。

 

こんな時だからこそ、

装うことの喜びを、力を信じたい。

 

 

 

すべてつくり、届け終えたら、

ずっと後回しにしていた

アトリエの模様替えや生地の整理を行って、

一旦リセットしてみたい。

 

まっさらな気持ちから生まれてくるものを。

いつかまた展示受注会が開けるよう、

今、形にしたい服をじっくり見つめ、

試作や製作へ取り掛かりたいと思います。

 

はるとが暮らす長野県でも

服の展示会やたかさんの撮影会が出来たらいいな。と

考えてたことも思い出した!

 

 

不安しかなく、呆然とした毎日から、

ようやく少しずつ、

やりたいことがこぼれてくる。

 

前向きになれない日も受け入れつつ、

自分たちの力をしっかりつける。蓄える。

 

私もたかさんも、

これからへの種まき期間にしたいです。

 

 

 

 

 

コメント